プロフィール

永松良章

Author:永松良章
静岡県牧之原市在住プロウインドサーファーとして活動中
他にもカイト、SUP、サーフィン、SUP Fishingなど、いかに目の前の海で楽しめるか日々精進しています。
スポンサーNAISH
     O'NEILL
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Molokai2Oahu
昨日のモロカイ2オアフ当日の朝

6時半からミーティング。
m2o001.jpg

続々と浜に集合
m2o002.jpg

桟橋などは無いので荷物はSUPに載せて船まで運ぶ。
DRY BAGを用意してて正解だった。
m2o003.jpg

スタート前のお祈り。
マウイのNaishレースでもするのだが気が引き締まる。
m2o123.jpg
この写真は大会のFBから拝借。


その後7時半からソロ(一人漕ぎ)がスタート。
8時からチーム(二人一組クラスと3人一組クラス)がスタート写真は無いが二つのブイのラインから時間ちょうどにスタート。
船は最初から選手に近づくとあぶないので、しばらくは後方待機。
30分したら自分のサポートする選手を探し始めるのだが結構バラバラになっているので見つけるのが大変らしい。今までに選手を見つけられなかった船もあったという。

僕はスタートをやらせてもらったのだが緊張したな。
天気が良くなかったからオアフ島は全く見えない。
最初は周りを見ながらフラットな海面をひたすら漕ぐ。
次第にうねり出すが風向きは右サイドからアップウインドぐらいの風。
きつかった。でも最初の30分間は交代してはいけないというルールなので必死に左側だけ漕ぐ。
30分過ぎた頃にチャックさんの乗ったサポート船が横に来てくれたのでホッとしたな。

そこで最初の交代。
船が100mほど前に先回りしてチャックさんが飛び込む。
浮いているパートナーはウネリで見えなくなったりするのでパドルを縦に掲げて見やすくアピールする。
そこを目がけて近づき交代。
漕いでいた人はすぐに海へ。その場に浮いていて船が拾ってくれるのを待つ。

船の上では水飲んだりエネルギーフードを食べたり。

そこでこの大会で一番恐れていた事が・・・。船酔い。
あまり意識しないようにしてたが、船酔いに凄く弱い。
エントリーをソロからチームに変える時に一番気になったのが船酔いだった。
それでも完全に酔う前の段階をキープ。
出来るだけ水平線を見てしっかり船べりを掴み体を固定。
ギリギリの所で次の交代の時間。そんな感じを繰り返してた。
なのでカメラは撮れず。下向いたらアウトです。

そんな少しクラクラした状態で交代の時間。
船長が漕いでいるチャックさんと距離をとって回り込み、「Yoshi!GO!]の合図で深い海に飛び込む。
怖いが迷ってられない。
海に浮いてると漕いでるチャックさんも船もウネリに隠れたり見えたり。ウネリはデカイ。
交代の時にチャックさんと声を掛け合い漕ぎ出す。
船酔いが少し残っているので最初は頭がモヤモヤするが5分ほどすれば回復する。

そんな漕いでいる写真をチャックさんが撮ってくれた。
手前の青いシャツ。
m2o005.jpg
デカイウネリの合間はこんな感じで意外と普通。
今回防水カメラ「GOPRO」がスポンサーについているチャックさんがボードや船からGOPROで動画を撮っていたので、もしかしたら動画が世界配信されかも。
チラッと写っていればいいな。


前半の時間帯の交代で難しかったのは、
船から海に飛び込み交代してボードの上に立ち上がり漕ぎ始めようとした時に雲でオアフが見えない、前方に陸が見えないからどっち向いて走ればいいか分からない。
船は浮いているチャックさんを拾うのに時間がかかるのでしばらく来ない。
かろうじて見える前の選手を探すか風向きウネリの向きで方向を修正していく。
船が戻ってきたらナビゲーションシステムがあるので方向を確認する。
たぶん経験のある選手は迷わず進めるのだろう。


船酔いと戦いながらも最初のうちは30分交代。
その後疲れてきたら25分、20分と徐々に早く交代してスピードが落ちないようにする。

モロカイ島とオアフ島の間のこの海峡は深く、流れが複雑で速い。
海況もころころ変わる。
いいウネリでグライドしやすいな、と思えば急にウネリに乗れなくなりチョッピーな海面になったりする。
海峡のど真ん中なのにバックウオッシュが入ったようなタプンタプンな海面の時もありバランスをとるのが大変な時もあった。流れが複雑な所だったのだろうか?
ウネリが大きい時は船に乗っていて船より高い大きなウネリがくる。
割れはしないので大丈夫だが、飛び込むときはドキドキした

何度か交代して2、3時間ぐらい漕いだ頃にオアフ島が見えてきた。
そして目指す「ココヘッド」という山の「チャイナウォール」という崖が見えてくる。
そこからがまた長い。

オアフに近づくとウネリに乗せづらくなり風も弱くなってくる。
そんな時に船の無線に「ソロが4人ゴールした!」という無線が入る。
30分早いスタートとはいえビックリした。
こっちはまだ2時間ぐらいかかりそうな位置だったから。

そして「チャイナウォール」の前。
このチャイナウォールは大変だとは聞いていた。
絶壁にウネリが当たり跳ね返ってくるので海面はボヨンボヨン。
風も壁で陰になり弱い。
その時の写真をまたチャックさんが撮ってくれた。
m2o006.jpg
流れもあってホントに進まないのにくわえて疲れもあるのでここでは10分交代でいく。
この崖の前を30分はかかったかな。
チャイナウォールを過ぎて岬を回ればゴールの港が見える。

最後の難所を乗り切り岬を回る所でチャックさんと最後の交代。

岬を回ってからビーチのゴールまでは向かい風の中20分ぐらいかな。
僕は船から見守る。
流石チャックさんは何度かこの大会の経験があるので岬ギリギリを回り、浅瀬の波に乗せてラストスパートをかけていた。

そして、ゴール!
やっぱり船からゴールを見守るのは少し物足りないがしかたないな。

ゴール後にチャックさんと
m2o007.jpg
タイムは5時間5分。
あと少しで5時間切れた。
無駄な動きが多かったから、反省点は多い。
しかし5時間半以上6時間ぐらいかかる覚悟をしていたので思っていたよりは速かった。
SUP総合では25位。この14ftノーラダー2人チーム、二人の年齢の合計が79歳までのクラスで6位。リザルト
上位選手は4時間30分・・。
速い。

ゴール会場風景
m2o008.jpg

m2o009.jpg

マウイで一緒にダウンをやったタヒチのヤニックが会場に来ていた。
m2o014.jpg
二人の顔の間に見える船が僕とチャックさんのサポート船「エイトボール」。


ハワイで久しぶりの再会をしたトモ君と。
m2o015.jpg
彼はアンリミテット、ラダーつきソロクラス。総合でも12位!
5時間をきる4時間59分!


この山がココヘッド。
m2o010.jpg
山の裏がチャイナウォール。
写真右側に岬があって、手前の赤いブイ二つの間がゴールライン。
結構な距離があって今年は風が弱ったがいつもはもっと強いオフショアで、最後の最後でもの凄く苦しいらしい。


夜のパーティー
m2o011.jpg

トモ君はソロ年齢クラスで2位の表彰!
m2o016.jpg
毎年確実にいい結果を残してますね!

NAISHのFBから
m2o013.jpg
向かって右からハワイ島のジェリーベス、カイレニ、ミキ、チャック。
Team Naish!!

今回もの凄かったのがKai Lenny
14ftノーラダーのソロクラスで今までのタイムレコードを50分も上回る速さ、4時間22分で優勝!!
アンリミテットなど17ftラダーつきを入れての総合でも3位!
異常な速さです。
体は僕より小さく体重も65キロぐらい。
それでもウインドも上手いしカイトも凄い。
SUPはもちろんパドルサーフィンでもジョーズの大波に乗ってしまう。
その身体能力は何処から?



今大会で改めて思った。体力的なトレーニングも重要だが、いかにウネリに乗せるか。
速い人は思いっきり下らせてウネリに乗せてから右に走り出す。後ろから見てると思っていたよりも大きく動いている。そして小さなチョップも逃がさず拾う。あの動きはダウンを沢山乗らないと駄目だな。
今でも上手く行けば小波と大きなウネリとを上手く乗りつなげるがウネリを読み間違えて失速してしまう。
その差が速い人との差でもあると思う。
日本では御前崎の西風で練習するしかないな。




さあ、明日日本へ帰ります。
2週間あっというまでしたが、得るものは大きかった。
充実した2週間でした。
これはハワイでの出来事で他の国ではもっと色んな事があるんだろう。
NaishのMichi(ミキ)とChuck(チャック)さんは今日オアフから帰ってきて夕方から今度はユタへ向けて旅立った。SUPのイベントがあるらしい。
フラットでの漕ぎはまた凄い人たちがいるんだろうな。

Molokai2Oahu | 【2012-07-31(Tue) 18:07:07】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
今朝のワイキキ
昨夜はパーティーのあとNaishチームに誘われて10時過ぎからバーで2次会。
極力誘われたら断らないようにしているのだが流石に昨日は眠かった。
みんなタフだな。

今回何処へ食事に行ってもアルコールは断っていたので昨日は飲んだ。
そんなに飲んでないが、今朝はちょっと頭が痛い。


今日またマウイへ戻る。
朝一散歩。
ワイキキビーチ
waikiki.jpg
オアフはマウイよりサウススェルの反応がいいので割れてる。
ハラぐらいか。

waikiki02.jpg

ワイキキ周辺は人も交通量も多くて、あまり来たいところではないな。
waikiki03.jpg

ダイヤモンドヘッド
waikiki04.jpg


Molokai2Oahu | 【2012-07-31(Tue) 02:44:48】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ありがとうございます
無事ゴールしました!

応援していただいた皆様。
全てサポートしていただいたNaish Japan、Naish Hawaii。
そしてチームを組んでくれたチャックさんに感謝です。
ありがとうございます。

やはり凄い海でした。
そして想像以上に海が変化する。
真っ青な海に飛び込むのもドキドキでした。

オアフのゴール会場の風景。
12072901.jpg


ゴールした時はまだ元気でしたが、今ホテルに入ったら疲れが一気に来た。
これから大会のパーティーがあるので行って来ます。
その後落ち着いたら写真などアップします。
海の上では撮る余裕がありませんでしたが。

Molokai2Oahu | 【2012-07-30(Mon) 12:09:33】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
いよいよ明日
モロカイ2オアフ。海峡横断レースです。
カイウイチャンネルという流れの複雑な海峡で深いところは3000m以上?と水深も深い。

僕が出るのはTeamクラスなんで一本のボードを二人で交代して漕ぐ。
一人が漕いでいる間もう一人はサポート船に乗り待機。
交代する時は船がボードの先に回りこんで選手が海に飛び込む。
漕いでいる選手は浮いている選手めがけて進み、交代したらボードから飛び降りて船に拾ってもらうのを待つ。

このウネリがでかくて深い海に飛び込むかと思うと・・・。
こんな経験は滅多に出来ないな。

チャックさんは交代するのに邪魔だからとノーリーシュ(流れ止めのコード無し)で行くぞ!と言ってる。
それもマジかよ!って感じだがやるしか無い。


二人一組だとどっちが最後ゴールラインをきる?って事になるがもちろんチャックさんに譲った。
やはりゴールは船の上でなく漕いできりたいが、今回は船の手配も色んな準備をチャックさんにしてもらったし、この世界では超有名なチャックさんと組ませてもらうだけで幸運な事。

そのかわりスタートはやらせてもらう事になった。
しかし、スタートしてからしばらくは右から風を受けアップウインド気味に何十分も漕ぐ事になるらしいので凄くきつそうだ。

オアフが近づいても逆向きの流れとかあったりして、それにはまると全然前に進めなくなるらしい。

すべてが始めてで全く想像がつかない。
でももの凄い楽しみだ!
なんでも初めてやるこのワクワク感はたまらない。
子供達は毎日この感覚なんだろな。


今回のパートナー、Chuck Pattersonさんと。
12072806.jpg
ボードが邪魔だがもの凄い体してます。
でも・・、顔は小さいんだよな。


ビーチには船がどんどん集まってきた。
12072805.jpg
参加人数300人以上。
3人チームとかもあるけど明日には200隻近い船が集まるみたいだ。
凄い大会だな。

Molokai2Oahu | 【2012-07-29(Sun) 15:04:43】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
レース前日。清々しい朝
朝は少し肌寒いが、ここも安定していい天気。
風は一日中ザワザワしているのでちょっと落ち着かないが。

昨日もいたが早朝人がいない時間だけ芝生の上を孔雀ぐらいのでかい鶏が。
12072801.jpg
近づくと逃げてしまう。
これ七面鳥?違うか?
昔放して野生化したとかかな。

Molokai2Oahu | 【2012-07-29(Sun) 02:20:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
休める
今日は何もせず、しっかり体を休めようと思ったか落ちつかず。
散歩したり海で泳いだり。
ハワイでこんなにゆっくりと過ごすのは始めてかも。
マウイにいたら何かしら出かけてしまう。
今回のハワイは体を休めるのも大会のうち。
いつもギリギリまでやって疲れたままレースだったりしたからな。


多くの選手が昨夜または今朝から集まってきた。


スタート会場でもあるここカルアコイのケプヒビーチ。
Kaluakoi01.jpg

もちろん水は綺麗だがオフショアが吹いてて肌寒い。
天気はいいけど乾燥してるから体感温度は低いな。


基本ドライな気候なのでリゾートのスプリンクラーが届かないところは殺伐とした感じ。
12072702.jpg
マウイもだけど芝生が綺麗なところは自動で散水している。


サンセット
kaluakoi07.jpg
明後日目指すオアフに陽が沈む。

明日昼からレジスト。
だんだん気持ちが高まってきた。
どんな海なんだろうか。

Molokai2Oahu | 【2012-07-28(Sat) 14:53:11】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
何も無い
昨日夕方フェリーに乗るためサウスサイドのラハイナへ。

もともと捕鯨で栄えた町。
今は観光地。
12072609.jpg

一緒に行くトモ君との荷物
12072610.jpg

フェリーはやっぱり遅れて到着、出発も遅れる。ハワイアンタイム。
12072608.jpg

遠ざかるラハイナにかかる虹
12072611.jpg

モロカイに沈むサンセット
12072607.jpg

島の南側の港に着くのだがマウイもモロカイもサウスは荒々しい感じ。
12072606.jpg


フェリーで1時間半ぐらい。
モロカイにつく頃には暗くなっていた。
12072613.jpg

モロカイの小さな港に到着。
12072612.jpg
ここが唯一の町らしい。
周辺にはパラパラ店があったが迎えに来てくれたシャトルで素通り、真っ直ぐコンドヘ。

東西に長いモロカイの島西側のコンドミニアムに着いたのは9時過ぎ。
ネットもつながらないのでご飯食べて就寝。



そして今朝。
12072701.jpg
コンドミニアム意外にはホントに何も無い。

車でなら3,40分走れば何かありそうだが車が無い。
観る所も無い。


でも大会のスタートは目の前のビーチらしい。
12072703.jpg


かろうじて小さい店があったけど9時からオープンのはずが9時半でも開かないのでやっぱりハワイアンタイム。
のんびりし過ぎて気が抜けそうだ。



モロカイのここ周辺は宿が少なくて、けっこう多くの大会参加者が近くでキャンプするらしい。
今回トモ君が早くに宿を取っていたために転がり込ませてもらった。
ありがとう!レース前にキャンプはきつい。



朝から歩き回って何とかネットがつながるスポットは見つけられた。






Molokai2Oahu | 【2012-07-28(Sat) 04:51:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
DRY BAG
夕方のフェリーでモロカイへ渡るので今日は早めにダウンを一本。
マリコからカフルイまで。
これで今回マウイでのダウンウインドは最後になるかもしれない。
風が強く吹き始める前だったので時間はかかったがいいトレーニングになった。
さすがに疲労がたまってきてるんで明日から休みにして正解かな。

世界的にもマウイほどストレートダウンウインド出来るところはそうないらしい。
昨日ヤニックとNAISHライダーLochのBBQに誘われていってきた時に会ったスペインから来ている選手はマウイが初めてで、ダウンウインドがサーフィンみたいで驚いたと興奮していた。
僕も初めてマウイでダウンをやった時はショックを受けたな。こんなに楽しいのかと。

モロカイ2オアフはストレートダウンな所はほぼ無く、横から風を受けるようなところがほとんどらしい。
カイのお父さんは32マイルの3分の2は片方漕ぎだぞ!と真顔で言っていた。あまりが考えたくないな。

さて、モロカイへ渡る準備。
モロカイは店が少ないから食料も買って行った方がいいらしい。
トモ君も言っていたし、今道具を取りに来たチャックさんもパスタとか簡単な食料を持っていかないと飢えるぞ、と言っていた。知らなかったら大変だったな。


モロカイからオアフまではボートに荷物を積んでもらうので濡れるかもしれないから防水のバック「DRY BAG」を貰った。
12072601.jpg

12072602.jpg

またマウイに戻ってくるので必要最低限のものを詰め込む。
12072603.jpg
十分な大きさ。
もう時期日本にも入荷するそうです!

道具、インプレなど | 【2012-07-27(Fri) 08:58:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今日も
ヤニックに誘われて一緒にダウンウインド。
こんど新しく出る14’0”と12’6”を沖で交換しながら乗った。

風が強くて面白かったな。
今日は一本だけにした。

湾の入り口から見たマリコ。
120725001.jpg

今日は動画も少し撮ったが、やっぱりわかりづらいな。





明日の夜からフェリーでモロカイへ渡る。
金曜日、土曜日は休みにして日曜日いよいよモロカイ島からオアフ島への海峡横断レース。
どんな雰囲気なのか、ウネリはどんな大きさか。ものすごく楽しみだ!

SUP | 【2012-07-26(Thu) 17:58:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
朝から
風が吹いてる。
12072501.jpg
ホキパは波コシ。
まだウインドやダウンウインドが出来るほどじゃないけど吹いてる。
12072502.jpg


毎日のように風が吹くこの時期でも風がしっかり吹いてくるのは昼頃から。
波乗りでもしなければそれまでやることが無いので食料の買出しなど行って来た。

一年ぶりに来たらCOSTCOにガソリンスタンドが出来てた。
12072503.jpg

マウイはあまり開発しない方針だと前に聞いたが、今けっこう広いサトウキビ畑を更地にしてデッカイショッピングモールみたいのを作ると聞いた。
ますます人が増えるのでしょうか。



12072504.jpg
朝からドーナッツを食べてしまった。


未分類 | 【2012-07-26(Thu) 04:06:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
2本
大会後は色々なレースボードを乗っている。
今日は3年ぐらい前のボード。
だいぶ乗り込んで慣れていたボードだったから乗りやすかったな。

今日はダウンウインド2本。
最初は一緒にMichiの家に滞在しているタヒチのNAISHインポーターのヤニックと。
マリコからカナハまで10キロぐらいかな。
カナハでちょうどトモ君に会ったのでマリコまで送ってもらいスプレックスの小笠原さんの家まで、カナハの少し手前なんでこれもだいたい10キロぐらいか。

最初の1本は風強くて面白かったが、2本目は少し風が落ちてオフ気味だったので辛かったな。

いい感じに疲れて今日も良く寝れそうだ。
12072405.jpg


SUP | 【2012-07-25(Wed) 14:07:26】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
波ないです
泊まっているMichiの家はノースのPaiaにあるのだが今朝は雨。
風もザワザワ。
ホキパをチェックするも駄目だったのでサウスへ。
ノースからサウスは車で30分ぐらいかな。

昨日チャックさんが少しある見たいだぞと言っていたが、確かにちょっとあったがたまに膝ぐらい。
12072401.jpg

12072402.jpg
出来ない事も無いが8’3”では・・。という感じでやめました。
長いボードでマッタリ乗るには良さそうな波。

この時期ノースは波無くてもサウススウェルが入ってくれてもいいのだが。
ダウンウインドに集中しろという事かな。



こっちのレンタカーは後ろの背もたれが倒れるのでHokua8'3"ぐらいなら余裕で中に入る。
12072403.jpg


今朝のハレアカラ。
12072404.jpg
今はノースも雨があがり良い天気。
今日もいい風吹きそうだ。

未分類 | 【2012-07-25(Wed) 04:11:30】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Good Wind!
今朝は波なし。
スネぐらいのが割れている程度だった。

昼過ぎにNaish Japanの社長を空港へお見送りに。
普段からそして毎回マウイに来るたびに僕はラッキーだと思う。
道具は全て揃うし、今回はモロカイ2オアフのパートナーもボートも。
でもそれをフル活用出来ているかというと、出来ていない。
もっと出来ることを、やらねば。


今日はチャックさんに連絡をとり一緒にダウンウインドをした。
いつものマリコからカフルイまで16キロ。
今日は今までで一番風が強くて楽しかった!
チャックさんはGOPROで僕のライディングを撮ってくれたりした。
体はいかつくて一見怖そうだが、NAISHの子供達に好かれる優しい人だ。

海での写真は取れなかったので、夕方のホキパ。
12072301.jpg

12072302.jpg

ホキパ右手のブレイク。パビリオン
12072303.jpg

ウネリが小さくてもいつも割れてるロコポイント。崖があるから風が弱い。
12072304.jpg


SUP | 【2012-07-24(Tue) 17:50:46】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
NAISH PADDLE CHAMPIONSHIPS
風弱くて大変なレースでした。
4回ぐらい出ているのだが毎年レースの日は風が弱い。
今日も途中無風ぐらいの所が続き暑いし大変だった。

スタート地点のマリコ。
12072213.jpg
狭い場所なんで人と車でいっぱい。

レジスト
12072214.jpg


スタートの写真は無いが湾内にブイでスタートラインを作って海上スタート。
ポジション取りなど気を使う。
上がいいと思ってジリジリよっていくと二人となりがカイレニだった。
スタートのホーンで立ち上がりダッシュ。
やっぱりカイレニは速かった、スーと抜け出した。

こっちは集団に近いと板が揺れて漕いでられないので少し大回りに沖に出る。
そうすると先頭集団より少しおいてかれていた。
インサイドの岩の際を通った方が流れがあるらしい。

もうそこからは自分との戦い。
今回はづっと周りに人がいなくて張り合う人がいなかった。
そうなると気が抜けないようにするのが大変。

これはいつもだけど、途中でっかい亀を何度か避けながら進む。
亀は頭を下に突っ込んで浮いているからギリギリまでこちらに気がつかない。

あと滅多に見かけないがマンタが2匹水面近くで戯れていた。
これには少し気を取られた。

それぐらいで後はひたすら漕いだ。
相変わらずフラついてウネリにおいてかれたりするが。


ゴール地点の写真。
沖に見える堤防の先端から浜まで、カフルイハーバーに入ると今度はフラット漕ぎ。
ここで順位が変わったりするから最後まで気が抜けない。
12072207.jpg
この通路を通ると電子タグでピピッと順位が記録される。

順位は
12072206.jpg
左から総合の順位、ゼッケン、名前、エントリークラスの順位、エントリーしたクラス。時間。
(エリートクラスは賞金のかかったクラスで長さは短くても長くても良いらしい。そのぶんエントリー費も高い!)
今回のエントリー人数は220人。
その中で総合で35位。
14ftラダーなし30歳から45歳クラスで5位。
年齢わけしないでも14ftクラスで10位以内には入れたのかな。
去年よりはいいけど。やっぱり中途半端。


今大会優勝はカイレニ!
しかもNAISHの14ftで!
12072205.jpg
17ftなどのアンリミテットクラスを抑えての優勝。
やっぱりカイレニは凄い。
なんであんなに速いんだ?

ゴール地点会場の風景
12072211.jpg

12072208.jpg

12072210.jpg

参加者はサンドイッチ自分で盛り放題。
12072209.jpg

何となく雰囲気で、こっちにきて初のビール。
大会スポンサーのビール飲み放題!
でも半分も飲めなかった。疲れか?サンドイッチ食べすぎか。
12072212.jpg
疲れの抜けが違うので明日からまた飲まない。というか飲む気になれない。


夜はまたカイレニの家へ。
今度は祝勝会か。
昨日は大会に出る人たちは酒を飲まなかったが今日はチャックさん達も飲んでたな。



思い出せば去年は膝の怪我をして1ヵ月後、十字靭帯は切れてるけど内側靭帯が回復したかなぐらいでマウイ入り。
膝はカタカタしてて装具は常に外せなかったし、夜も寝返りができない状態だった。
よくなんな状態でやってたな、そのぶん集中してたけど。



明日からは29日のモロカイ2オアフへ向けて練習開始だ。

大会 | 【2012-07-23(Mon) 18:44:12】 | Trackback:(0) | Comments:(3)
NAISH
今日は海を休みにして買い物などをして過ごした。
風が弱かったので暑かったな。
この島はいつも貿易風が吹いているから夏でも爽やかで過ごしやすいのだと改めて感じた。

夜はカイレニの家でNAISHパーティーがあったので行って来た。
人見知りするんで日本でのパーティーも苦手なのに今夜はほんと疲れた・・。

チャックさん、ビックアイランドのジェリーベスや明日大会に出る人たち。
若いところでコーディー、タッカー、カイ、弟のリッジ。
ダウンウインドは体重とボードのバランスなんで風が吹けば子供が筋肉ムキムキの外人より速かったりする。

明日は今日より風吹きそうだが弱いかな。

体調は万全。
頑張ります。

未分類 | 【2012-07-22(Sun) 17:31:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
キッズ
今日は体を休めるために何もしない予定。
でも朝は早く目が覚める。
早寝早起き。おかげで時差ぼけは無い。

家にじっとしていられないのでホキパチェック。

今日も風弱く、雲の無い朝。
ウエストマウイもくっきり見えている。
12072101.jpg

昨日から風が弱かったせいか波はハラムネで綺麗に割れていた。

ちょうど親子が出るところだった。
12072102.jpg
うちの長男より少し大きいぐらいか?

望遠レンズではなかったから見にくいが、ハワイでは時々見かける風景。親が後ろについて一緒にパドルして最後の一押し!
12072103.jpg

この子にとっては波のサイズ頭以上あるか?
12072105.jpg
ちゃんとアップスンして加速してる。

こんなスープにも耐えてしっかり抜けていた
12072106.jpg

良い環境だなぁ。

未分類 | 【2012-07-22(Sun) 02:38:36】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
風なし
今日は一日風弱く。

明後日の大会に出る人の中には今日明日休みにする人が多い。
ただでさえ今日みたいに風の弱い日にダウンウインドをする人は少ない。

しかし少しでもボードに慣れるために今日もマリコカフルイを一本。
途中ほぼ無風になったりしたが、そのぶんウネリに乗せるボードのポイントなどがちょっとわかったのでよかった。

こっちでやってると自分の遅さが嫌になってばかりだが、今更しょうがない。
あとは体調整えて大会にのぞむだけ。
明日は休みにできるかな。


今日カフルイにあるNAISHのお店に立ち寄った。
12072008.jpg
日本では売ってないNAISH製品もある。




SUP | 【2012-07-21(Sat) 17:35:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
まったり
今朝は風が弱く天気もいい。
ホキパを見に行ったが、波は小さくサーファーのいるところぐらいしか乗れ無そうなのでやめた。

ホキパ
12072001.jpg

静岡は富士山、マウイはハレアカラ。
12072002.jpg
この写真だと平らに見えるが、実際に見ると大きくどっしりしていて標高3055m。山頂まで車で行ける。


ホキパの右、数キロの地点にマリコベイがある。
スタートして沖に出ても16キロ先のカフルイハーバーは見えない。
そこでまず目指すのはイアオ渓谷。
12072003.jpg
ホキパから左に見えるイアオ渓谷。
写真中央のV字になっている谷を目指してひたすら漕いでいるとじきにハーバーの堤防が見えてくる。
また堤防が見えてからが長い長い。

今日は風が弱い予報。
大会前なので今日はダウン一本にして明日は休みにするかな。
大会は明後日。
今日もチャックさんと漕ぐ予定。

未分類 | 【2012-07-21(Sat) 02:28:52】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
Chuckさん
ダウンウインドスタート地点のマリコベイ。
12071905.jpg
週末の大会当日にはこの小さな入り江に100人以上の人が集まる。

今日一本目のダウンウインドはマリコベイからスプレックスにある小笠原さんの家まで。
距離は10キロ。


その後来週末一緒にオアフ2モロカイに出るChuck pattersonとマリコ~カフルイ16キロを一本。
チャックさん速かったな。

チャックさんはGlide14を使ってた。
沖でボードを変えてGlide14を乗らしてもらった。
やっぱりGlide14の方が安定して漕げるから速い。
でも今使っているボードの方が難しいけど波に乗ったときの滑る感じはスムーズで面白い。
ボードを安定させる事が出来れば確実にGlide14より速いだろう。それが難しいのだが。

今日も二本目で使ったシャトルの写真
12071906.jpg
後ろのキャリアにボードを積んで前の車に乗り込む。
体のデカイ外人が10人以上乗り込むのだから毎回むさくるしい。

夕方NAISH JAPANの社長がマウイに到着されたということで。
最近はほとんどオアフでちょうどマウイにいらしていたNAISHブランドの創始者でありバリバリの
ウオーターマンROBBY NAISHさんが夜このMichiの家に来て一緒にピザを食べた。
ロビーさんかっこよかったな。
緊張した。

SUP | 【2012-07-20(Fri) 16:48:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ノース
サウスは波が無いので今朝はノースのホキパでSUP。
12071902.jpg

弱い風が吹いててざわついているが、そのおかげで人が少ない。
波はコシハラ。たまのセットでカタぐらいのが何本かきた。

普段人がいたら入れないところなんで入れるだけよかった。

ボードはHokua8'3"。
ホキパはインサイドヨレヨレしてるしざわついてるのでボードが小さすぎないか心配だったが大丈夫だった。
やっぱりボードのバランスが良いんだな。

波に乗った感じは良く動くけどルース過ぎない。
8’5”よりルースじゃない気がする、しっかりしたターンが出来るボードかな。
フィンによっても色々変わると思うけど。
これはやっぱり日本でも欲しい。

12071903.jpg



SUP | 【2012-07-20(Fri) 03:03:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ