プロフィール

永松良章

Author:永松良章
静岡県牧之原市在住プロウインドサーファーとして活動中
他にもカイト、SUP、サーフィン、SUP Fishingなど、いかに目の前の海で楽しめるか日々精進しています。
スポンサーNAISH
     O'NEILL
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
嵐の前の
静かな朝。
今日も海に入る時間はないので、しぶとく畑の風対策。


白菜もだいぶ大きくなってきたのだが


オクラ茄子ピーマンはまた駄目だろな。


海をチラッと見てきたが

面のいい頭チョイの綺麗な波が割れてた。
見るんじゃなかった。

家庭菜園 | 【2012-09-30(Sun) 05:54:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
運動会
長男保育園最後の運動会。

見てるこっちが緊張した。

竹馬
undoukai01.jpg
最近何度か手直ししてあげた竹馬。
上手く乗ってました。


リレー
undoukai02.jpg
とくに走るのが速いわけではないが、普段恥ずかしがりやの長男がアンカーだった。
楽しそうに走っている姿を見てちょっとグッときました。
来年から小学生か。
早いな。


未分類 | 【2012-09-29(Sat) 19:12:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今日は長男の運動会なので午前中お茶休み。
朝海へ。
12092902.jpg
外は微妙にクローズ。
内海は満ちすぎてタプタプ。

軽くHOKUA8'3"で入りました。
波はコシハラ。
つながり気味。

12092901.jpg


スッキリしました!

SUP | 【2012-09-29(Sat) 06:44:51】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今朝も
またお茶仕事前に家庭菜園の風対策。
台風17号嫌なルートですね。

カブと小松菜の芽が出てきた。

台風乗り切れるか?

家庭菜園 | 【2012-09-28(Fri) 05:42:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ナライ
波は上がってるみたいだが、お茶が早い時間からになったので今日からしばらく入れそうも無い。

昨日から強いナライが吹き続いてる。
家庭菜園の台風対策やってなかった。
暗いなか風対策やっといた。


家庭菜園 | 【2012-09-27(Thu) 05:39:45】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
残念

台風のウネリはまだ。
たまにコシくらいのウネリはくるが割れない。
あっちは割れてるがサーファーが集中しそうだったのでSUP漕ぎ。

ポイント着いたら時間切れ。
釣果なし。

Fishing | 【2012-09-26(Wed) 06:06:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
始まる
今日から今年最後のお茶の仕事、4番茶が始まる。
この時期は朝明るくなるのが遅くなり夕方暗くなるのが早いから、なかなか海は入れない。

今朝一応見にきたが、

ナライの風でフラット。







昨日はお茶で忙しくなる前に家庭菜園。
ニンニク
12092405.jpg
このブログの記録を見たら去年は22日に植えたので二日遅れ。
今回は半分を前回取れたにんにくで。うまく芽が出るかな?
12092402.jpg



それとカブ、小松菜の種を植えた。
12092403.jpg



来月植える玉葱の畑の準備。
12092404.jpg




畑のあと夕方少し海に出て。
12092401.jpg
ワカナゴ一匹。
もう真っ暗だった。


家庭菜園 | 【2012-09-25(Tue) 05:44:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
小さくても
朝から寒いぐらいの雨。
秋ですね。

夕方5時に海チェック。
波なし、風は弱いけど海面はヨレヨレしてる。

観察してると行けない位沖に鳥がいて、インサイドでカマスらしき魚が跳ねた。


時間無いけどJavelin14’0”でSUPフィッシング。
今日は外海でも鮫ポイントと違うポイントへ。

始めて20分ほどでアタリが、上がって来たのはワカナゴ。
でもフィッシュクリップかけるのに手間取っているうちにフックアウト。




気を取り直して同じ場所を流すとすぐにヒット。
今度はコンッコンッといい引きでカンパチかな?と思ったが上がって来たのは、なんと鯛。
12092303.jpg
30cmチョイ。小さくても鯛。ルアーでは初でした。
青物狙いで表層を引いてたので鯛が釣れるとは全く思ってなかった。





その後も同じ場所でアタリ、最初は小さいと思ったが巻いてる途中で急に重くなった。
12092304.jpg
ワカナゴとカマスのダブル。真ん中のフックにワカナゴ、テイルフックにカマスが食いついてる。


が、暴れて
12092305.jpg

12092306.jpg
ワカナゴは逃げた。

出来るだけ海に出るときの道具はシンプルにしたいのでネットは持っていない。
バラシたらまぁしょうがない。




サンセット
12092307.jpg

帰り際にエソも釣れた。




12092301.jpg
青物釣れだすか?

Fishing | 【2012-09-23(Sun) 22:07:01】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
南東の風
今日は南東の風。外も内海もザワザワ。波もなし。

まだいくらか漕ぎやすい内海で夕方SUPフィッシング、でトレーニング。
コノシロの群れがいて大物を期待したが駄目でした。


Fishing | 【2012-09-22(Sat) 17:53:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
まいった
午前中Javelin14’0”でSUPフィッシング。

初めて3,40分ぐらい。
いつもの何かいそうなポイントで「ゴソッ」とした感触で何かヒット。
最初は小さいのかな?と思ったが急に走り出す。

150mの糸が一回ほとんど出された所でまずいと思い、手でパドルして魚に近づく。
もの凄いトルクで巻いては出されの繰り返し。

12092100.jpg
竿は硬めのバスロットを使ってるのだが、70オーバーのワラサも上げたことがある。
パットから曲がってる。


走り方であれだとはわかったのでノンビリやりとり。

やっと近づいてきて、
見えたのは


ウォー
12092102.jpg

ここからまた顔を上げさせるのが大変だった。






12092103.jpg
はい、サメ。
前回のより少し小さい。
お気に入りのルアーを何とか外そうとしたが歯が危なくて無理。
もし噛まれたらカミソリのような歯で大変な事に・・・。

結局また走られて根ズレでラインブレイク。
サメにとってもルアー付けたままでかわいそうだったな。


ここはサメが居ついてしまったのかな。
そのせいか青物も今年はあまり釣れない。
ポイント変えるか。

Fishing | 【2012-09-21(Fri) 18:47:11】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
何ヶ月ぶり?
ウインドです。
でも今日に限って時間無く、夕方5時から。
もう日が短くなり6時には結構暗い。
120920.jpg
風も弱くForce5.3㎡に80Lでは駄目でした。
面倒くさがらずに大きい板取りに行けばよかった。

ウインド | 【2012-09-20(Thu) 21:44:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
家庭菜園
昨日今日と畑を。

雨が降ってくれたので苗を買ってきて植えた。
haku.jpg
白菜とキャベツとブロッコリー。

虫がつかないうちに虫除けの寒冷紗をかける。
haku02.jpg
白菜、キャベツは虫にやられやすい。
しばらくは虫との闘いだ。

あの時期はずれの台風4号の被害以来台風が来ない。
でも接近するのが多くなるのはこれから。
対策も必要。

家庭菜園 | 【2012-09-19(Wed) 18:36:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
とりあえず
できたという感じかな。
コシハラでヨレたポヨ波。


HOKUA8'3"。
今日は立ってるのフラフラだった、体重増えたかなぁ。



最近スマホのアプリでブログアップすると写真が前のと同じになってしまう。調子悪い。

SUP | 【2012-09-19(Wed) 12:35:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

こっち帰ってきてからずっと南東の風が入りよくなかったが、やっと風が弱くなり少しできそうになってきたかな。
ボヨボヨしたコシハラくらいか。

未分類 | 【2012-09-19(Wed) 10:21:06】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
大島チャレンジ
今回の大島チャレンジは思い返せばホントに凄かったの一言。
自然の力、海の大きさはやはり半端なかった。

最初に、今回長い準備期間と計画を立てて大島までの移動もケアしていただいた一也君達に心から感謝しています。
僕はギリギリになってポッと参加させていただいて何もお手伝いできませんでした。
一也君達の純粋な冒険心というか突き詰めようとする行動力には尊敬の言葉しかありません。



大島チャレンジの写真。
横断チャレンジの朝5時に大島岡田港に到着。
そのまますぐ隣の小さな浜に徒歩で移動。
ボードは前日から一也君達がフィンも付けて準備してくれていたので僕達は微調整と食べ物の準備。
IMG_7923.jpg

スタート地点は小さな浜。
IMG_8631.jpg
島のおばちゃんが浜の掃除に来て話しかけられた、「ここでサーフィンでもするの?」僕は「いえ、これからこのボードで湘南の茅ヶ崎まで漕ぐんです。」そしたらおばちゃんは「はいはい、途中でサメに食われないようにね!」と、当然本気には受け取ってもらえなかった。

おばちゃんの言葉にも出たが大島周辺はサメが多いらしい、しかもでかいのが。


昼頃まで北東風で向かい風の予報だったので6時スタートを7時ごろに変更。
皆ゆっくりと落ち着いて準備。
こういう時の緊張感はたまらない。
どうなるか全くわからないから。
IMG_2498.jpg

スタート前の集合写真。
漕ぎ手6人と伴走船のスタッフ。
osimafb.jpg
写真の長いボードは一也君が使うJavelin17’0”ラダーつき。
僕が使ったのはGlide14’0”。
TakaさんがJavelin14’0”。
今回のチャレンジにOXBOWが協賛してくださっているのでチームウエアも合わせている。

沖には黒い雲が見える。後でこれから吹く向かい風に苦しめられる事になる。
目的地茅ヶ崎は写真中央より少し左。雲で見えない。

船の準備を待つ。
osimag01.jpg
そして7時半にスタート!
osimag02.jpg


osimag04.jpg
この写真島が近いが漕ぎ出して1時間近くたっている。
スタートしてからずっと風は右前からの向かい風だが潮は左から強烈に流れている。
湘南へ向かうには潮に逆らって左へ進まなくてはいけない。
風はときおりウインドなら5.3㎡カイトなら9㎡でバンバン走るぐらい右前から吹いているのに右へ右へ流される。
漕いでも漕いでも大島の大きさと位置が変わらない。
最初の数時間は振り向くのが嫌だった。


一也君たちの計画で1時間ごとに休憩。
osimag05.jpg
船から食べ物などを貰う。
僕はしばらく貰わなくていい分のエネルギーフードをCAMELBAKに入れていたので、のんびり漕ぎ出すのを待つ。
長時間の漕ぎを想定してだが休むたびに流され戻される。


そして最初の難関はスタートから2,3時間アップウインドで漕いでいた頃かな。
右前方にもの凄い潮目が現れた。
異なる流れがぶつかり合い、バシャバシャと三角波がたっている。
見た瞬間「何だあれは!マジかよ!」。
行きたくなくても流れて吸い寄せられて潮目の中へ。
もう立っているだけでやっと。
後ろから前から横から揺らされ翻弄される。
ヤバイ、ヤバイを何度もつぶやいていた。
潮目から離れたくても潮目に溜まる漂流物状態でなかなか抜けれない。
なんとか進行方向を無視して風に乗り横に抜け出した。
もう、潮目に合うのは絶対嫌だと思ったが、この後も4,5回は潮目に遭遇した。
でも最初のこの潮目が一番強烈で久しぶりに海で恐怖感を感じた。


この写真は何回目かの潮目から離れようとしているところ。
osima01.jpg
この時は風が弱かったと思うが奥で白波がたっている。
風ではなく、潮がぶつかって飛び跳ねてる。
潮目の奥と手前で極端に水温が違う。温かい海流と冷たい海流がぶつかっているのを体で感じた。


結局最初の4時間向かい風アップウインドで漕ぎ続けた。
みんな口々に「修行だね」と言い淡々と漕ぐ。
だんだんアップで漕ぐのが当たり前に感じ始めていたが、4時間漕いで進んだ距離は10数kmぐらい。
もう時間内には横断できないなと、この時すでに思い始めていた。


向かい風が終わり、風がやむ。
予報では南に変わるはずだったが、無風のまま。
今度は雲もなくなり、湿度が高く灼熱地獄。
暑くて熱中症になりそうなくらい。
バックに入れた飲み物では足りなくなり休憩ごとに船から水などを貰う。


心配していた台風のうねりは感じられず。
ただただ時々遭遇する潮目に耐えながら細かいウネリに合わせて漕ぐ。


風がやんだ頃から大島からも離れ始めたが距離が伸びていないことはGPSを持っていたのでわかっていた。
こうなったらとことん行ける所までと、休憩のたびに何かを口にする。
一也君達は慣れたもので色々な食べ物を持ってきていて分けてもらった。
嬉しかったのは、おにぎり、リンゴ、プラムまで。
一也君は大島茅ヶ崎間を17時間かけて泳いで横断している。
当然簡単なエネルギーフードばかりでは飽きる事を熟知している。
osimag06.jpg
休憩時、大丈夫とは思うがサメが怖いので足を上げて休憩する。
後から聞いたのだが今回島を離れ初めてすぐ、一番後ろを漕いでいたSUPの後ろを3mぐらいのサメが付いて来ていたらしい・・・。見なくてよかった。



5時間、6時間たつと数名がリタイヤ。船にあがる。
最初の潮目に耐えるので皆体力を消耗したみたいだ。

一番体力のある一也君も。
やはりボードに慣れる期間が短かったのだろう。
何度も落水していたのでそれも体力を奪われる。
落水しないというのも重要、疲れるしリズムが狂う。


その後僕一人でしばらく漕がしてもらった。
osima0012.jpg
落水はしなかったし、それまで普段釣りするぐらいのスピードで漕いでいたので体力は残っていた。
しかし、距離はあまりにも進んでいなかった。
潮にも流され三浦半島と千葉の館山がはっきりと見えるぐらいまでの右にきてしまっていた。






朝7時30分から漕ぎ始め、午後3時15分。船が茅ヶ崎港に入れる時間が決まっているため、横断チャレンジは終了。
osimag07.jpg

ケントさんが飛び込んでボードを上げるのを手伝ってくれた。
モロカイの時もそうだったが深いブルーの海に飛び込むのは怖い。
ありがとうございます。
osimag08.jpg


最後まで雲がかかって湘南の陸は見えなかった。
それも悔しかったな。


船が走り始めて数十分やっと湘南が見え、江ノ島が近づいてきた。
osimag09.jpg
「出来れば漕いでこの景色を見たかった」とみな悔しがる。


荷物のこともあるので僕とTAKAさん、TAKAさんの先輩ケントさんは江ノ島沖で降ろしてもらい漕いで上陸。
IMG_7853.jpg
たまたま上がって来るのを見つけたTAKAさんお店のお客さん達が迎えにきてくれた。
最初は皆横断してきたと思ったらしい。すいません。

お店のお客さんたちと
IMG_4728.jpg






今回僕が漕いだ時間は途中何度か休憩があったが7時間45分。
GPSでの移動距離は34km。
見たくなかったが家でGPSの記録を見ると
IMG_4702.jpg
全然進んでない!かなり流されてる!
やっぱり千葉が近いじゃん!

モロカイ2オアフの時もGPSで計測したがほぼ直線でオアフまで渡れた。
それはハワイはきまって追い風になるトレードウインドが強く吹いているから。
ウネリの大きさはモロカイ2オアフのほうがでかかったが、あの潮目の強烈さはモロカイ2オアフでは味わえなかった。もう味わいたくないけど。



今回は貴重な体験が出来た、そしていいトレーニングになりました。
ほんと人間なんて自然の力にはどうにもならないと改めて思った。
潮の流れもこんなにスゲーんだと身を持って感じられた。
自分の体力はどのぐらいのペースでどれだけ持つというのも少しわかった。

大島横断は南風がないとほぼ無理かな。
風に押されないと潮に負けるし潮目にもはまる。今回潮が大きく動く大潮だったというのもあるらしい。



今回参加させてくれた一也君たちにはホントに感謝です。
最後は間に合わないとわかっていても漕がしてもらった。それで少しだけスッキリした。
ありがとうございました。
当日はもうやりたくない!と思ったが、日がたつとチャレンジしたいと思ってきた。
でもこれはコンディションが多く揃わないと厳しい。
それだけにやりがいのある凄いチャレンジだと思う。



大島・茅ヶ崎横断チャレンジ | 【2012-09-18(Tue) 02:03:05】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
no title


今日は子供と。


未分類 | 【2012-09-17(Mon) 15:04:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
no title

御前崎に帰ってきた。
南東の風が入り内海も波よく無いな。
外はクローズ。


未分類 | 【2012-09-17(Mon) 11:19:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
no title

今回使った道具。
パドルKAHOLO8.0とバイザー、サングラスはレースの時もいつも一緒。
今回借りたハイドロバックのCAMLBAKは複数ポケットがあり最高でした。これにもかなり助けられました。
そしてボードはGLIDE14'0"。
やはりこれはオープンオーシャンで頼れる一本です!
荒れた海面でも疲れにくい。

今日の写真はまた後日整理して載せます。

未分類 | 【2012-09-16(Sun) 20:25:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
no title

船で飛ばしてようやく江ノ島が見えてきた。
朝7時半から午後3時15分まで、8時間近く漕いだ。
みんな途中リタイヤして最後は僕一人で漕いだが時間が無かった。
体力残してのリタイヤは残念だがいい経験だった。

最後まで湘南の陸は見えなかったのも悔しい。
潮の流れは凄い!


未分類 | 【2012-09-16(Sun) 16:00:11】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
no title

駄目でした。
前半4時間近くは向い風。
時々ウインド5.3走るくらい。
最初10キロ進むのに3時間オーバー。
その後無風。

時間切れです。


未分類 | 【2012-09-16(Sun) 15:31:31】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ