プロフィール

永松良章

Author:永松良章
静岡県牧之原市在住プロウインドサーファーとして活動中
他にもカイト、SUP、サーフィン、SUP Fishingなど、いかに目の前の海で楽しめるか日々精進しています。
スポンサーNAISH
     O'NEILL
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
大会無事終了
大会無事終了しました。
富士山は最後まで見えませんでしたが雨もふらず良かった。



片付け後にチャックさんとナッシュスタッフ。

自分のレースより疲れました。

今大会の写真を嫁さんが撮ってくれていたので後ほどアップします。

未分類 | 【2013-06-30(Sun) 19:17:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
NAISH本栖湖パドルチャレンジ

あいにく富士山は雲で隠れていますが、いいコンディションで大会できそうです!

未分類 | 【2013-06-30(Sun) 07:43:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
本栖湖へ
ナッシュレースは明日だが今日から本栖湖入り。今日は家族とともにキャンプ。

毎年この時期は忙しいのだが、最近はなかなか漕ぐ時間を作れないな。モロカイの海峡横断レースまであと一ヶ月。調整しないとな。

明日はレース一緒に漕ぐのでいいトレーニングになりそうだ。



未分類 | 【2013-06-29(Sat) 07:06:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
クローズ??

今朝サイズアップ。
カタアタマたまに頭オーバー。
風は弱くて面もいい、それほどサイズもないけど、ウネリの向きが悪いのか沖で吹いてるのかワイドで形良くないな。まとまりがない。



結局内海の須々木ポイントでSUP。
ヒザモモ。
ここはいつものワイドなブレイク。
切れた波の肩からなんとか乗れた。

急いでたので写真忘れた。

未分類 | 【2013-06-27(Thu) 05:14:37】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
意外と
風は強いナライでオフショア。
波はモモコシ。

朝夕潮がおおくて波は割れにくい。


それでも入ってみたら、けっこう乗れる波。
波数も多く、いいトレーニングになった。


HOKUA8'5"

SUP | 【2013-06-26(Wed) 18:56:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ザリガニ
あまり考えないようにしていたが、疲れがたまっていて昨夕は漕ぐ気にもなれず。海は休みに。

最近子供と遊べて無かったので長男と夕方のザリガニ釣り。

長男は最近はまっているらしく、ポイントから釣り方まで教えてくれる笑。

2、30分の釣果

これもなかなか面白い。



今日は夕方漕ぎトレ。

内海フラットです。



SUP | 【2013-06-25(Tue) 19:07:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
来週30日
fc2blog_20130623211913f72.jpg
次の日曜日30日にここ本栖湖で「NAISH本栖湖パドルチャレンジ」が開催されます。

今日はその準備とスタッフの打ち合わせをしてきました。
良い大会にしたいので気合入ってます!


今日は午後から強風吹く中漕いでコースの計測もしてきました。
ウインドがバンバン走るぐらいだったのできつかった。

最近の本栖湖、水温は20度前後、気温も昼は20度前後。昨夜は11度ぐらいだったそうです。
本栖湖は湖面近くの水温が温かくても、落ちて少し深いところは冷たかったりします。

今大会エントリー費は3000円(浩庵キャンプ場入場料は別)ですが、Tシャツと帽子が参加賞として配られるのでかなりお得なのでは。

チャックさんも来週来日!
チャックさんのパドルクリニックや、ウエイブボードとレースボードのほぼ全てが揃う試乗会もあります。


あとは天気が良くなる事を祈るばかりです!

未分類 | 【2013-06-23(Sun) 21:37:22】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
本栖湖

来週のNAISHレースの打ち合わせ&準備の為に本栖湖に。

世界文化遺産が決まった富士山がチラッと見えます。

未分類 | 【2013-06-23(Sun) 12:20:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ウインド!
夕方風吹いてました。
西南西の風。
こんな強く吹くと思わなかった。


FORCE5.3/CLASSICWAVE85L

久しぶりだ。
やっぱり面白いなウインド。
最近SUPばかりだったので違う動きができて良かった。



少しオンショア気味だったけど、この時期にしてはサイド、波もカタはあった。

ウインド | 【2013-06-22(Sat) 20:58:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
FUN WAVE!
サイズはムネくらいと落ちてしまったが昨日までと違い朝一風は弱いオフ。面もいい。
相変わらずのスローな波だけと気持ち良かった。

サーファーが一気に増えて、良いブレイクで乗れたのは一瞬でしたが。



現在はシラス船団が通ったのと風も入ってきたかな?
またヨレた感じ。


HOKUA8'5"

今日は天気良くなりそうだ。

今朝の収穫

胡瓜は大きくなるの早い。

SUP | 【2013-06-22(Sat) 06:03:24】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ヨレた波
今日はSUPで波乗り2ラウンド。

朝から吹いてた西風も昼にはやんで午後は少し波もまとまってきてた。

午前はカタたまにアタマ。
午後はたまに頭オーバー。

風なくなってもヨレてバンピーな波だったけど良い波選べばかなり楽しめた。


HOKUA8'5"

SUP | 【2013-06-21(Fri) 21:46:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
お茶刈りは一昨日倍速で強引に終了。
昨日からはまた台切りなと畑の整備。

今日は朝から雨で休み。
時間はあるけど海は

遠州灘側の外海はオンショアでジャンク。ムネカタくらい波はあるんだけど。



なので駿河湾側の内海で漕ぎトレ。
オフショアでフラット。

しかし辛かった。
気を引き締めなおしてトレーニングしないとな。

台風きてますね。
荒れなければいいが。


数日放置してた家庭菜園
雑草は伸び放題で諦めそう。

撮りためてた写真





茄子、オクラ、胡瓜
あとピーマンも採れはじめてる。

数日前に収穫したジャガイモ。

なかなかいいサイズもまじってた。

ジャガイモはもう天気の良い日に掘るだけだが、これからの夏野菜は風でやられないといいな。

家庭菜園 | 【2013-06-20(Thu) 22:07:23】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
ジャンク

夕方早く海来れたが。
オンショア吹いていたのでジャンクな頭サイズの波。
今は西よりの風。
ウインドできるかと期待してきたが、弱いな。

未分類 | 【2013-06-19(Wed) 16:41:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
Osima2Enosima 追記 体力とエネルギー補給
先日の横断チャレンジについてもう少し。

11時間。もちろん疲れました。

今回チャレンジ前からゆっくり漕ぐことは聞いていた。
スタートからスローペースでしたが僕のボードLEは幅が23インチと狭く、ゆっくり漕ぐほど不安定。
バランスとるのが大変なんで少し進んでは待っていた。

最初の6時間ぐらいは疲れもなく、痛いところもなかった。

疲れというかハリを感じ始めたのは9時間ぐらい漕いだ頃かな。
肩の肩甲骨周りにハリが出てきた。

あとは足首。膝をやってから足首が硬い。
1時間ごとの休憩で足首からフクラハギのマッサージをすれば楽になったが30分過ぎるとまた痛くなってた。



スタートしてから最初の頃はウネリに乗せてグライドしたりして心拍数上げて漕いだりしたが、10時間以上自分の体力がもつか未知の世界だったので中盤から最後までは淡々と5段階で言えば2ぐらいのペースで漕いだ。
なので11時間漕いでも体力は残せた。

漕ぎ終えて翌日も今も痛いという感じの筋肉痛は無い。肩甲骨周りの疲労感だけ。そこが弱いのか?

でも以前靭帯やった左膝は漕ぎ終えた帰りの車で熱をもっているのを感じた。
漕いでいるときは平気だったんだけどな。
夜冷やしたが昨日まで動き悪かった。やはりまだ負担がかかるみたいだ。






今回前半曇っていてあまり汗をかかなかったと言う事もあるかもしれないが、漕いでいる時の飲み物はCamelbakに入れた物だけで十分足りた。
ちょっと少なめに入れたので3つ合わせて4Lぐらい。ほんとは5.5L入る。
今回のどの渇きを感じる前に定期的に水分補給し、空腹を感じる前に時間をみて栄養補給をした。
疲れているときに固形物は胃に負担がかかるかとリキッドタイプのものなどを多用したが、前回のチャレンジでアンパンが美味かったので今回もBajaの後ろポケットにアンパンを入れておいた。
全てCamelbakに入れてある物だけでも行けそうだったけど、今回10時間をこえるのがわかってから40キロ地点ぐらいで船からおにぎりとバナナをもらって食べた。これもお腹は空いていなかったが燃料を体に入れる思いで食べた。お腹が痛くなることも無かったし、不調にはならなかったからこれは食べておいてよかった気がする。
Camelbakのポケットには4つエネルギーフードが残っている状態で漕ぎ終えられた。

空腹を感じてからでは遅いと思ってまめにエネルギー補給したのだが結果疲れにくくなり良かったのかな?
でも家に帰り夜体重をはかると、変わってない。ていうか晩飯食いすぎてか増えてる。




今回スタート時は曇っていて暑くも無かったが、去年も後半晴れて熱射病みたいになったので
念のため長袖のラッシュといつものバイザーとKAENONのサングラスを持って出る。
o2e002.jpg
サングラスは必要ないぐらいの曇り。


後半は晴れてきて
o2e001.jpg
用心してよかった。
体力に余裕が持てたのはこの日差し対策もあったと思う。
しかし甘かったのが日焼け止めは塗らなかったので。首と膝下がもろに焼けた。むくむくらい。
夜から次の日も痛かったー。



今回のペースはモロカイとはまったく違うけど、参考になることは多かった。
自分が11時間漕げるのもわかったけど、負担がくる所もわかった。
モロカイまであと一ヶ月ちょい。
なかなか練習時間作れないけど準備はしていこう。

大島・茅ヶ崎横断チャレンジ | 【2013-06-18(Tue) 22:42:36】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
追い込み
大島のために休んでいた二日間、乗用がストップしていたのでお茶刈りがおわれてます。
明日雨予報だから今日までに終わらせ無ければならないのだが…。終わらんら…。
早朝から暗くなるまでお茶刈り。
昨日も暑かったが、今日も暑くなりそうだー。


未分類 | 【2013-06-18(Tue) 06:41:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
大島~茅ヶ崎改め、大島~江ノ島横断チャレンジ
今回の横断チャレンジはまさに運が良かった。

直前までいた台風3号からの熱帯低気圧のせいで大島周辺の海況がわるく、大島へ渡る14日の前夜までほぼ無理なのではという雰囲気だった。

今回全ての調整をしてくれている鈴木一也君が13日夜大島の漁師さんに聞いた時にはまだ船を陸に上げている状態で今週中は無理なのでは。ということだった。
それでもまだ可能性はあると14日昼に最終決定する事に。
一也君が14日昼、大島の漁師さんに電話したら「もう出れるからウチも船(釣り船)出すぞー」と。昨夜とはコロッと変わっていたらしい。
そして気象情報をみていただいていた気象予報士の小川さんからもいける可能性があると連絡がまわる。

そこで大島チャレンジ決行が決定。
参加者のほぼ全員が朝、いや昼の一也君からの電話まで今回は中止だと思っていたところだったから驚いた。

2時には江ノ島の港に集合。
皆まだ「ホントにできるの?」という気持ちだったと思う。

船にボードや荷物を積み込み。

fc2blog_201306162115180b7.jpg
今回お世話になった「でいとう丸」。デカイ船です。
ロックンロールなノリのいい船長で最高でした。
今回伴走していただくのが江ノ島の船なのでゴールは江ノ島になります。


午後3時。出港。

fc2blog_20130616211607b39.jpg

大島まで2時間。
風はザワザワ吹くていど。
海面は去年ほどではないけど少し荒れていた。

海鳥が多く。魚がいそうでしたね。
途中イルカがいたりして。
飽きなかったな。

fc2blog_20130616211745843.jpg
大島近くはやはり曇っていて虹が。


島は雲がかかり幻想的な風景。
fc2blog_201306162035545e2.jpg
湿った暖かい空気。


港に着いたらすぐにボードの準備。
明日出発する浜へボードを運ぶ。
fc2blog_2013061620361834d.jpg
気がつくと晴れ間が。
着いたとたんに晴れてきた。
この時から何かツイていたのかな?
誰か強運なメンバーがいるのでは?と思うことが今回は何度かあった。



ボードの準備をしてから宿へ。
今回お世話になった宿は島の風裏。
fc2blog_20130616213325d85.jpg
静かな海。景色が綺麗だった。



夜、前夜祭?食事会。
fc2blog_20130616203338552.jpg
今回船長含めて11人。
楽しい食事でした。

fc2blog_2013061620331792a.jpg
明日葉のてんぷら。
いつもレース前やこういう時は揚げ物は食べないけどこの日は頂きました。美味かったな。

fc2blog_201306162032489e8.jpg
刺身や寿司も。
とくに白身の漬け寿司「べっこう寿司」が旨かった。

これは「島とうがらし」
fc2blog_201306162033024e4.jpg
今回のメンバー、一也君のお仲間は普段アイアンレース出ているタフな方たち。
体育会系なノリで島とうがらしの食べさせ合い・・・。
激辛!というか痛い!涙もボロボロ。

皆さん楽しむ時はとことん楽しむ。
楽しい食事でした。




さて、
翌日。横断チャレンジの朝、4時に宿を出て準備。

浜から出発するメンバーと船に乗るメンバーと別れる。

今回ソロで漕ぐのは一也君、TAKA釜口さん、一也君の後輩コウシ君、僕の4人。
そして途中交代しながら漕ぐ方が4人。

スタートする浜は去年と同じ小さい浜。
fc2blog_20130615053618d33.jpg
スタートするまで緊張の時間。
目の前の海は穏やかに見えるが、去年の激しい風や流れのイメージがあるからドキドキ。
予報では午前中は北東の向かい風。
うまくすれば午後から南風。
島をでてしばらくいくとタンカーの航路になる。
そこで向かい風が吹いてグズグズしていると危ないので船にボードを乗せて航路の先までスキップする可能性もあるとのことだった。

o2e01.jpg

そして朝6時スタート!
o2e02.jpg
この乗る瞬間。もし湘南へ渡れるなら。今度陸に足を着けられるのは何時間後だろうとワクワクする。

o2e03.jpg
風は弱い東風のサイドショア。
海面は穏やか。
順調に漕ぎ進む。

去年は出てすぐに潮に流されて大変だったが、今年は流れを感じない。
去年右へ流されたイメージが残っていたので左へ向けて漕いでいたら伴走船からもっと右です!と指示されるほど流れが弱かった。


これはスタートしてから一時間後かな。
o2e04.jpg
確実に島から離れられている。
去年ならここまで3時間以上かかっていた気がする。
流されてもいない。

今回も一時間ごとに数分休憩。
みんながまとまったところで漕ぎ出す。

o2e05.jpg
これは2時間後か3時間後か。
風がやみ。べた凪。

その先何時間も、時々不安定な風向きでそよそよ吹くがほぼ無風。
海面はオイリーな鏡のような状態が続いた。
それはそれで曇り空が鏡のような海面に写り、空と海との境がわからなくなるというか。平衡感覚がおかしくなる。
多少風で海面がざわついていたほうが漕ぎやすい。



スタートから距離も方向も順調。
この辺りでやっとみな、「今回もしかして、行けるんじゃない?」と思い始める。
そのくらい予報は良くなかったのだ。
僕もこのころからゴールしたいなと、欲が出始めていた。
でも時間を計算しても10時間以上はかかると思っていたから、はやる気持ちは押さえ込んでいた。




大島から30キロくらいはタンカーの航路
fc2blog_20130616203152031.jpg
スタートしてから5,6時間後かな?後ろを振り返るとタンカー。
去年はこのタンカー航路までもこれなかったので感慨深かった。
ここまでも順調に進んでいたのでスキップすなんて事は誰も口に出さなかった。
こっちがゆっくりだからか、大きな船と近づく事はなかった。
しかし遠くをタンカーが通り過ぎてから忘れた頃にタンカーの引き波がきて慌てた。




この大島から20キロから30キロぐらい、海の真ん中付近が一番生命感が強かった。
最初に出会ったのは、カツオの群れ。
小魚を追って飛び跳ねていた。

その後はなんと、クジラ!
遥か遠くだが、それでも大きなクジラが2頭。クロスになって大ジャンプ!
凄かった!何年も前にマウイで見て以来のクジラをこの海で見れるとは思わなかった。

これはまだなんか出るねーなんて話していたら、今度は大きな海亀!
大きかった。顔をあげてこちらに気がついてすぐに潜ってしまった。

穏やかだから何かいるとすぐにわかる。

生き物オンパレード。
さあここまで出たらあとはあいつだねー、なんて言っていたら。出ました。
o2e12.jpg
小型ですがサメ。
優雅に泳いでました。
こんなに陸から離れた海でこんなに生き物が多いとは、驚いた。



前半は曇っていてあまり汗もかかず漕ぎやすかったが次第に晴れてきた。
o2e06.jpg


今回CAMELBAKを3タイプ
最初にMolokai次にBaja最後にTahoeと使い分けた。
それぞれのバックにいっぱいまで飲み物入れると重いかと四分の三くらいにしたが、このCAMELBAKの飲み物だけで11時間あまるくらい十分たりた。

船から撮っていただいたこの写真はBajaを使っているからスタートしてから4時間から8時間ぐらいかな。
距離にして20キロから40キロの間ぐらい。
o2e11.jpg
穏やかな海。
若干奥と手前で海面が違うのは風か流れか。とにかく穏やか。
でもそこは外洋なんで大きな波長のウネリはたえずくる。その中に複雑なウネリも混じるから沿岸とは違う。
今回リレーで漕いでいる方たちは外洋で漕ぐのは初めてなので穏やかな海面に見えても苦労されていました。




去年もだが今回も陸地は雲というか霞みの中。

漕ぎ始めて6時間以上。30~40キロぐらい過ぎた頃かな。
よーく目をこらすと・・。

「陸だ!」

正面に陸が見え始めた。
前回は千葉が近くに見えたがそれとは違う。
それが三浦半島だと船に聞いてわかった時は嬉しかったな。
昨年は漕いで湘南を見ることは最後まで出来なかった。

そしてまた数時間漕ぎ進むと。
霞の中に島の陰が。
隣を漕ぐ一也君に「あれ江ノ島かな?」
僕もそう思ってましたと一也君もニヤリ。
さらに進むと島の中央に灯台が。江ノ島と確認!
嬉しくて鳥肌がたった。

大昔に島から島へ渡った人たちはもっと大変だったのだろうが、その気持ちを少し感じられた気がした。
今はGPSもあって、確実にその先にあるとはわかっていても嬉しい。

江ノ島が見えたのはあと20キロをきったぐらいかな。


o2e07.jpg
これは、あと10キロとかだったか。
最後の20キロ、あと3、4時間!が長かった。
江ノ島がなかなか近づかない。

みんな「ここで北風に変わるなよ!」と心から思う。



よかったのが最後の1,2時間は弱いながらも南風の追い風。
この辺の写真が無いので、


これはゴール直前。
江ノ島東浜。
みんな並んでゴールしようか、と話していたのに・・。
あと20mぐらいで誰からともなく、「やっぱ競争でしょう!」と全員でダッシュ!
o2e08.jpg
最後の最後まで笑いの絶えない11時間だった!!

o2e10.jpg

o2e13.jpg

今回また参加させてくれた一也君達、先輩に感謝!ありがとうございます。
こんな経験はなかなか出来ない。
また最高の方たちといい時間を共有させてもらいました。
学ぶ事はきりがなく多いです。
前回が厳しかったから、今回のコンディションがどんなに幸運かわかる。


今回全員完漕!



このお二人
左)一也君Nasih Javelin17’0”
右)TakaさんNaish Javelin14’0”
fc2blog_20130616203010f04.jpg
今回企画からいろいろな調整までくんでくれた鈴木一也君は泳いで大島~茅ヶ崎まで泳いでいる。
2回成功していて最初は22時間!!、2回目も17時間かけて泳いだ。変態の中の変態!笑。

その一也君も今回のチャレンジで一番凄いのはTakaさんと言っていた。
スタートから最後まで、一番後方の人と並走してコーチングしながらの漕ぎ、終始ハイテンション!
「途中ムネ筋が20分ぐらい攣っちゃったよ!」と笑い飛ばしてた。
ワイルドで尊敬する先輩です。



今回もGPSで計測。
fc2blog_2013061620295164d.jpg
凄い!
ほぼ真っ直ぐ。理想的ですね!
距離は63キロ。
かかった時間は11時間。
漕いだな~。


fc2blog_20130615174734be9.jpg
ボードNAISH LE14’0”
パドルNAISH Kaholo8.0
フィンMAUI FIN24cm
O’NEILL、CAMELBAK、KAENON
すべて最高です!











































arigatou.jpg
大島レスト風の清水さん、でいとう丸船長北村さん、
マッチさん、コバ兄さん、チーさん、アヤさん、Takaさん、一也君、マーシー、マコツ、コウシ君。
ありがとうございました!!!

大島・茅ヶ崎横断チャレンジ | 【2013-06-17(Mon) 00:01:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
まだ
まだまだお茶の仕事は続くので昨夜御前崎に帰宅。



雨ですね、昨日はホントに天候に恵まれました。

昨日10時間以上も海の上を漕いでいたのが夢だったかのように、いつもの生活です。でも同じ生活リズムを保てると落ち着く。

未分類 | 【2013-06-16(Sun) 07:22:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
完漕!

SUPで見れましたこの景色!


11時間ちょっと。
無事完走!
大島から江ノ島まで。
距離は63キロ漕ぎました。

詳しくは後ほど!

大島・茅ヶ崎横断チャレンジ | 【2013-06-15(Sat) 17:48:40】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
スタートします

今年もこの浜から。
頑張ります!

今のところ海は穏やか。

今回参加メンバーはレベルもバラバラ。まとまって行くのは大変。

何処までいけるかな?





未分類 | 【2013-06-15(Sat) 05:39:02】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
大島到着

さっそく明日の準備です

島に着いたら晴れてきた。


大島・茅ヶ崎横断チャレンジ | 【2013-06-14(Fri) 17:38:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ