プロフィール

永松良章

Author:永松良章
静岡県牧之原市在住プロウインドサーファーとして活動中
他にもカイト、SUP、サーフィン、SUP Fishingなど、いかに目の前の海で楽しめるか日々精進しています。
スポンサーNAISH
     O'NEILL
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
マウイ最終日
今日でマウイも最後。明日帰国します。

朝早くサウスでサーフィン。
14073004.jpg
たまにハラくらいでいい波。

14073003.jpg
この5’10”気にいっちゃったな。日本の台風の時よさそう。


昼はウインドと思いホキパへ行くも波はフラット。
ウインドやりたかったが波を求めまたサウスへ

14073002.jpg
ソフトトップのサーフボード10’0”でストレッチ的なSUP。
背中がまだ筋肉痛です。



今回のマウイも終わり。
モロカイでは昨年よりもコンディションが良かった事もあるが、トレーニングの成果が出せたと思う。
新しい2015Javelin14'0"LEも今回のKa’iwi海峡の海面には合っていたと思う。
最高のボードとパドルを使えることの幸運。あとは漕ぎ手次第でもっともっと速くなるはず。
体力もそうだが波にのせていく技術も足りなすぎる。
トップを行く選手は波の乗り継ぎ方が異常に上手いということもあるだろう。

さあ明日日本へ。
レースが終わると子供に会いたいとやっぱり思いますね。
すぐに持て余しますが。

帰ったら台風が来るではないですか!
波は嬉しいけど、畑が!!!

140730005.jpg


ハワイ | 【2014-07-30(Wed) 16:01:38】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
2014MOLOKAI2OAHUを終えて
昨日のレース、昨年よりはとてもいいコンディションだったと思う。
昨年は無風からの後半サイドショア+向かいからの潮でノーラダー(舵なし)クラスにはとても辛いレースだった。
今年は風がふれることは何度かあったが平均して追い風だった。
でも大変なのは大変です。

よく聞かれるのは何故舵の付いた長い17’0”くらいのボードのアンリミッテットではなくて14’0”ノーラダーで出るのかと聞かれますが。
答えは「シンプルだから」。



レース当日早朝4時に起きて朝食を食べ、レース中の飲み物などの準備。

荷物をまとめて6時には宿を出る。

14M2O001.jpg
ぞろぞろとビーチに選手が集まり、自分のエスコートボートを探してボードに荷物を載せて運ぶ。
2百隻以上はいることになるのかな。自分の船を探すのは大変。
僕の船は去年も遅かったが今年も・・・。

6時30分から「Pre-race Pule’」
14M2O002.jpg
選手が輪になりお祈りをする。
この時いつも鳥肌が立つくらい気分が高まり、集中してくる。
長いレースが始まるんだと実感が湧いてくる。

7時30分にはパドルボードがスタートする。
しかし、また僕の船は近くにこない。
SUPのスタートは8時。
14M2O003.jpg
ほんとにドキドキ。荷物を積まないとスタートラインへ行けない。

パドルボードスタート時間にようやく船を発見。
ウチの船長Kalaniは凄く慎重。船が多いと近くにこないからかなり遠くまで荷物をボードに載せて運びました。

そして8時。レーススタート。

スタート時の海面はフラットのオフショア。
集団の引き波を避けて風上側、右側へと移動。

この海峡はストレートな後ろからの風になることは少なく、だいたい右後ろからの風とウネリ。
後半さらに横風になったりすることも考えラダーの無い僕は今回も右寄りへ行くことにした。
先頭集団とほとんどの選手は左手に見えた。
近くに見える選手はやはりノーラダーの選手が多かったように思える。

スタートしてすぐは選手が集団になっているので船は選手に近づけない。
30分くらいしてから船が選手を探し始める。
右に進路をとることはKalani船長に伝えてあったのですぐに近くに来てくれた。
基本船は選手の後方。エンジン音も聞こえないくらい離れてついてきてくれる。


スタート時ほぼ後ろからだった風はすぐに右後ろからに。
その先もこの風向きかと思うと不安で下らせられない。
非常にウネリにのせにくい。左サイド漕ぎがしばらく続く。

船に乗ってくれている船長の息子にカメラを預けて撮ってもらった。
14M2O005.jpg
綺麗な海面はスタートの数キロとゴールの湾内2kmちょいだけ。
あとはタプンタプンしたようなウネリの入り組んだ海面が続く。

スタートして10数キロころだったか。風がほぼ後ろからに感じるようになってきた。
そこで下らせることにした。
もちろん下らせっぱなしではなく、ウネリの様子を見ながら下らせてグライドさせたり上らせたり。
しばらくは単発的にウネリに乗れる状態が続き、周りの人が居なくなってきた。

そういえば、目指す島オアフは雲がかかって見えなかった。
そこで前持ってポイントを打っておいた時計のGPSが指す方向がたより。これは距離があるのでだいたいの方向ですが。心強かった。
あとはウネリの方向。ウネリのまま進んだら下りすぎ。

くだらせ始めてまた数キロ進むとウネリにのせて下らせているのに自分の位置はそれほど下っていないような気がした。
GPSの指す方向と前方の雲の形でそう思った。潮が右に流れてる?全くわからないが乗れるうちにグライドさせて行くことにした。オアフに近づけばどっちにしてもスピードは落ちるので今のうちに頑張ろうと。

30km位の地点まではグライドできたりできなかったり。
だだっ広い大海原だけど潮が変わるときがありウネリに乗れそうで何故か乗れない時間がちょくちょくやってくる。
その時間帯はひたすら我慢の漕ぎ。

残り20数kmになった頃。風が弱くなり、ますますウネリに乗れなくなってきた。
風向きはまだ後ろから。時々短い時間ウネリに乗れる時を逃さず、集中。
自分のいる位置はけっこう北側にいたので安心感もあった。左手には人が見えたが自分より右手前方には人が見えなかった。後ろは振り向かなかったのでわからない。

残り16km。あとマウイのマリコランと同じ距離だ、と言う頃からが一番辛かった。
ウネリには乗れない、風は弱く暑い!海面はタプタプ。
暑くて少し頭が痛くなりそうだったので止まって海に浸かったり、首筋に海水かけたり、途中3回ぐらいはしただろうか。

ペースは落ちてきていたが去年よりはイイ、去年よりは進んでる、と心の中で唱えながら漕ぎ続ける。


そしてかなりオアフが近づいてきた。
14M2O006.jpg
去年はこのへんで強いサイドショアと逆の潮で1時間ぐらい同じ場所を漕いでいたような気がする。漕いでも漕いでも横の景色が変わらなかったが今年はここも弱ーいけど追い風。ウネリにもたまーに乗れる。
ペースは落ちたけど確実に進んでいた。


難所のチャイナウオール前。
14M2O007.jpg
崖に当たって帰ってくる波でさらに海面は悪い。
この崖前を通過する距離は1kmもないのかな。逆向きの潮流とタプタプ海面で漕げないのに強く漕がないと進まない、崖前を通過する距離は短いようだが体力疲労の止めを刺される。心を試されるよう。

この崖の切れる所、突端がポートロック。
そこまでがモロカイから50kmくらい。
そのポートロックを右手に90度曲がって広い湾に入る。その一番奥2kmちょい先にゴールのハワイカイが見える。

ポートロックを曲がり、グチャグチャだった海面が次第にフラットになりハワイカイが見えた時はホッとするが、その湾はいつも強烈なオフショアのブローが吹くので向かい風で残り2kmを漕ぐことになる。
しかし今回は風が弱かった。
でもフラットを2km漕ぐことに変わりはない。
ここで何気なく後ろを振り向いてみた。
「あっ!」
見覚えのある同じ14’0”クラスの真っ赤なボードの選手がすぐ後ろにいた。マウイのレースで僕より速かった選手。
その時は確信はなかったけど多分そうだと。絶対だいぶ前に居ると思ったら後ろにいた。
一気に緊張感がました。
その湾は途中3箇所くらい波が割れて波に乗ればかなり時間が稼げる。
途中の一本に乗れてちょっと離せたが、しばらくして振り向くと近づいている。
残りはまだ1km以上あった。
波に乗りたくてもセットは来ない。
50km以上漕いできてからの全力漕ぎ。
「こんなところで抜かされたら50kmが無意味に、今までのトレーニングが何だったんだってことに」と頭の中をグルグル。
別に優勝がかかっているわけではないのだけど、そのくらい考えながら必死、背中がビリビリ。ここまで来て同じクラスの選手に抜かされたくない。

ゴールのブイが大きく見えてきた所で振り向くと、少し距離があいた。多分相手も疲れているのだろうとゴールまで漕ぎ続ける。
普段あまり後ろは振り向かないようにしているけど、何回振り向いただろうか。
なんとか抜かされずにゴール。

時間は5時間27分42。
SUP舵付きのアンリミッテット入れた総合27位。
僕の14’0”ノーラダークラスでは5位。
年齢別で1位。
最後に後ろにいた選手はやはり同じ年齢クラスの選手だった。
その差1分。さらに年齢別3位の選手はその1分後。
53km漕いで数分差。

ゴールしてすぐに大会のカメラマンが写真をとってくれるのだが。
笑顔なんか作れないぐらいキツイ。
大変だった。



でも同じ14’0”クラスのトップ選手は1時間も早くゴールしている。
どうなってるんだろう?
リザルトはこちら



ゴールしてすぐ、オアフに住むコウジさんがレイをかけてくれた
嬉しいですね!ありがとうございます!

そしてしばらく飲んでなかったビールを片手に
14M2O008.jpg
まだこの時点でもまともに会話できず。
ビールは一口しか飲めず。
水をひたすら頭にかけたり飲んでました。


目標としていた5時間半をきれたことは嬉しかったが、しばらくして年齢別で1位だと聞かされた時も正直嬉しかった。
上を見ればまだまだな速さなんですが。


今回GPS航跡図
14M2O012.jpg
最初のカクンとしたところで少し下らせているけど、すぐに上ってる。
ふくらみすぎたような感じでしたが、それが潮的に良かったのか、真っ直ぐの方がもっと速かったのか。モロカイ3回目ではよくわかりません。
後半横風で押される可能性と自分のレベル的にはいいコースだったのではないかと今は思っています。


夜の表彰パーティー
14M2O009.jpg

楯と今回のレースの絵が印刷されたフィンを頂きました。
14M2O10.jpg

14M2O011.jpg







モロカイは長いようであっという間です。
何ヶ月も準備してレースは5時間半。もっと漕ぎたいわけではないでけと。終わったー。と寂しい感じもあります。

なかなか一日海に入ることは出来ない生活になっている最近。
この2週間は海に集中できる最高の時間。
そしてモロカイとオアフの海峡を渡る数時間。
海の動き、風の動き、自分の体力、痛みとこんなに向き合える時間はそうない。

このような時間を持てることにとても幸せを感じます。
こんな充実した時間を過ごせるのも、応援していただいている皆さまとNAISH 、Michi、Vinnie、そして家族の協力があってこそだと心から思います。

 
ありがとうございます。


永松良章

Molokai2Oahu | 【2014-07-29(Tue) 18:31:02】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
マウイに戻る
昨夜はオアフに一泊。
今朝はやはり4時に目が覚め、5時過ぎ散歩。

ダイヤモンドヘット
14072904.jpg

ワイキキ
14072905.jpg
なんか昨年も同じ写真を撮ってたような。

14072906.jpg
波がありました。
ブレイクによってはカタ以上あり、いい波でしたね。見てただけですが。




昼にはマウイに帰ってきました。

風は強く吹いてたのでウインド!

14072901.jpg
ホキパ。風は強いが波が無い・・・。

14072902.jpg
Force4.2㎡/Wave78L
借りた4.2は5本バテンでした。

風はしっかり吹いてたけど波がほんと割れない。行ったり来たり。
ちょこっとジャンプが出来たくらい。ハワイ最終日の明日は波あって欲しいな。

昨日のレースで足は平気だが背中はしっかり筋肉痛。久々だぁこの感じ。
ウインドやって少し軽くなったと思ったが、夕方またズンッと背中に疲労が。あたりまえか。

14072903.jpg


これから昨日のレース思い出し、アップします。



ウインド | 【2014-07-29(Tue) 14:39:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
終わりました
モロカイ2オアフが終わりました。
やはり大変なレースでした。
また詳しくは後ほど書きます。

レース結果は総合27位。
14ftクラスで5位。
年齢別表彰で1位でした。

楯がわりのフィンがカッコいいです。

時間は5時間28分。
目標としていた5時間30分をなんとか切れたのでよかった。

マウイのダウンウインドレースで負けた人に勝てたのも嬉しかったが、最後の湾内フラットでの漕ぎで競り合ったので最後の最後まで疲れました。

応援してくださった皆様ありがとうございます!!



未分類 | 【2014-07-28(Mon) 16:21:23】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
いよいよ明日です!
昨日は日本から買ってきた本を読んだりしてゆっくり。

ここカルアコイビラの庭には
14072704.jpg
ターキー(七面鳥)が御前崎のキジのようにウロチョロしている。

ここのリゾート唯一のお店
14072705.jpg
キオスクのような小さいお店で足りないモノなど買う

もう3年目になると写真撮りたいものも無いですね。まったく変わっていないです、ここ。
14072706.jpg


ビーチへ
14072708.jpg

ビーチ全景。クリックすると少し大きくなります。
kepuhi.jpg
Kepuhiビーチ。
パノラマでとっているのでわかりずらいのですが正面のビーチに船がついて荷物を積み下ろし。右の湾がスタート地点。

沖50km先、明日のゴールがあるオアフが見える。
14072707.jpg
遠いなぁおい。


夕方にはレジストがあり
14072702.jpg
ビブとゼッケンを受け取る。
いよいよだなと、緊張感が出てきました。


14072701.jpg
Javelin14'0"LEx26 / パドルRaceLE /フィンMauiFin Race24cm

いよいよ明日になりました。ここモロカイ島からオアフ島への横断レース。
Molokai2Oahu
32mile。52kmちょいかな。このボードとパドルで漕ぎます!
去年は風が弱くてほんとに辛かった。その時のブログこちら
とにかく最後の数キロがほんとに大変。横風と向かいからの潮とラフ海面。
そこで強く漕ぎ切れるかでタイムも大きく変わる。
もうやめたくなる、休みたくなる自分との戦い。
あのカラマさんも32mileのレースだがとてもキツいので45マイルのレースみたいだと言っているくらい(こちら)、みな最後の最後で自分が試される。
今の自分はどれぐらい漕げるだろうか。

明日この海峡で32mile全力を出し切りたいと思います。







ハワイ | 【2014-07-27(Sun) 15:30:50】 | Trackback:(0) | Comments:(1)
モロカイへ
今日はもうレースボードがないので朝サウスでSUP波乗り
14072507.jpg
今回で一番小さくてヒザ~たまにコシ。
人は少ないけど波数も少ないのでセットは乗れませんね。

14072505.jpg
この方はカヌーのパドルで。
楽しみ方は自由ですね。
座って漕いで波乗ったら立ったりしてました。

14072506.jpg



その後はモロカイへ渡る準備などして夕方モロカイへ。

いつもはサウスのラハイナからフェリーでモロカイへ渡っているのだが今回は飛行機。
今年から?飛行機の方がフェリーより安い。$60くらい。
14072501.jpg
小さめのプロペラ機。

14072502.jpg
モロカイは今年で3回目。
今回のモロカイもトモ君と共に。毎年トモ君のとっている部屋に泊まらせてもらっている。

出発予定時刻は4時40分だったのだが人が揃ったからか4時20分に離陸。
小さい飛行機で乗客も10人位だったけどそんなに自由?

離陸してすぐにモロカイが見えてきました。
14072509.jpg

14072504.jpg
約20分の空の旅。
マウイを出発の予定時刻にはモロカイに到着してました。

14072510.jpg
小さいけどいい雰囲気の空港。

14072512.jpg
迎えにきてくれたシャトルが宿へ行く前に近くのタウンに寄ってくれて食料の買出し。
やはりマウイよりは若干高め。
明日明後日二日間分。マウイからも結構買い込んできました。
いつもフェリーで来ていたときは夜真っ暗にな時間にモロカイに到着してた。この時間に着くと楽ですね。

モロカイのメインストリート。
14072513.jpg
ゆっくり回ってみたいな。


14072511.jpg
そして宿に到着。
また戻ってきたな。
一年が早い。








ハワイ | 【2014-07-25(Fri) 16:56:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
マウイのダウンウインド最終日
昨夜は少し寝るのが遅くなったので今朝はゆっくり起きた。とは言っても6時には起きてストレッチ。睡眠は重要。


日曜日のレースに疲れを残さないよう今日はダウンウインド1本のみ。
軽くにしようと思ってたけど、チャックさんの後ろについて結構マジ漕ぎしてしまいました。
写真いろいろ撮ろうと思っていながら忘れました。
明日こちらの木曜日にモロカイへ渡るのでマウイのダウンウインドは今日が最終日。
強めのトレードが吹いてやっといいコンディションでした。それでもいつもの夏の強風とはいかないな。今回は風に関しては物足りないダウンウインドでした。

夕方Molokai2Oahuの伴走をしてくれる船の船長にボードを預けにいった。
14072401.jpg
去年も伴走してくれた船長Kalaniと船「4reel」。
とても優しい船長。船も綺麗に大事にしてるな。
モロカイ島からオアフ島まで50数キロを横断するレースはエスコートボードを選手一人に一艘自分で船長を探してつけなくては出場できない。
昨年と同じ船長ということは心強いです。

昨年は無風と横風に苦しんだこのレース。なんだか今年も風が弱い予報です。また前半3時間無風のフラット漕ぎとかなのかな。
なるようになる。少しづつ気合が入ってきましたがもう少し抑えて、レースの日にしっかり漕ぎたいと思います。


ハワイ | 【2014-07-24(Thu) 17:10:10】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
マウイとNAISH
今朝はまたサウスサイドへ

オロワルでサーフィン。
ここはSUPはダメなポイント。
14072301.jpg
普段は混雑するポイントだが波が小さいせいか人が少なく着いたときは僕とロングのおじちゃん二人だけ。
小さくても同じ波が綺麗に割れる所なんでコシハラ波で乗り放題。楽しかった。
楽しすぎて乗りすぎ。あくまでSUPと違う動きで体をほぐす目的。です。

14072302.jpg
5’10”



昼過ぎからはNAISHマネージャーMichiの手伝いでちょっとした撮影にウインドで出ることに。
しかし色々あって撮影はなくなりましたが、道具をNAISHから借りてきたので中止が決まる前にウインドはしました。

Forceの3本バテン
14072303.jpg

新しいウェイブ78L
14072304.jpg
これはカラーが違うのかな?ブライアンタルマもこれの87Lだったかな、乗っていたけどラスタカラーだった。

3本バテンのセイル。はったときは深くてパワフルそうだったのだが使ってみたら軽い!
アンダーもよく走るし。
ダウンテンションは道具の管理をしているVinnieのすすめるチューニングだと凄いゆるくて、リーチが少ししか落ちないくらいなのだがブローが入ってもうまくセイルのリーチがあいて風を逃がしてくれる。
冬の御前崎の重いブローだったらまたちょっと違うかもしれないがセイルの性能で風のオンオフがされてる。
ボードも軽くて速い。フィンはマウイフィンでしたね。
写真撮り忘れましたがサイドフィンは一番後ろ。センターは前から1,2cmあけ位で、今まで自分がつけていた位置と同じくらいの位置をVinnieにすすめられて調子良かった。

波はここでもコシハラ位でしたが楽しかったな。
ここ何年かマウイに来ていてもSUPだけでウインドはしてなかったから、ホキパでウインドなんて何年ぶり?
楽しくてしょうがなかった。
思わず道具を返したくなくて、帰るまで借りることに。
また明日も!なんて気持ちが強いですが。ここは我慢してモロカイが終わってから乗れたら、乗ります。


その後今度はダウンウインド。
マリコの入江。スタート地点。
14072305.jpg
まだ川の流れで湾内は茶色。


今日は3種目。
マウイ最高!NAISH最高!と改めて思う一日でした。
色々道具を用意してくれているMichiとVinnieに感謝です。



ハワイ | 【2014-07-23(Wed) 18:08:28】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
七日目
昨日のレースの疲労はあるけど何かやりたいなぁーとMichiのガレージを物色?

Michiにショートボードを借りたいと言ったらボードケースに入った新しいボードを貸してくれた。

14072205.jpg
ジェリーロペスさんモデルのショート5’10”!
オフィスで見たとき小さいサーフボードは5’10”まであるけどここにはないよと選手の道具を管理しているVinnieが言ってたけどMichiが持っていたんだ。

14072206.jpg
ジェリーさんとNAISHのコラボ柄といった感じでしょうか、ハワイ諸島柄ですね。カッコイイ!!

テイルが少しクラッシュしていたので自分で修理してからホキパへ。
14072203.jpg
今日は風弱く。白波がチラホラくらい。

昨日の嵐の爪痕。
140722.jpg
トイレが・・・・。どうするんでしょ。

標識もいたるところで
14072202.jpg
トレードウインドは毎日強く吹き付けるが、違う風向きに弱い。木もあちこちで折れていた。

波はオンショアでジャンクだけど人が少なくていい。
コシ位だけど、一本だけカタぐらいのが来て楽しかった。
14072204.jpg
僕が上がったのと入れ替わりでジョッシュストーンとブライアンタルマが小さい子供連れて入っていった。
今度は彼らが貸切。
いいタイミングで入れた。

ボードも調子いい!持って帰りたいな。Michiもお気に入りみたいです。日本には入るのでしょうか。

ホキパでサーフィンしてて思い出したけど、昨日のレース中ここの沖付近を漕いでるときに足首に釣り糸みたいのが絡んだ「??こんな沖で釣り糸??」と思ってらピリピリっときた。「エボシだ・・」。カツオノエボシ、猛毒のクラゲの長い触手が両足に絡んだ。オンショアの時に多く流れてくるんですよね。どうしようかと悩みながらもそのままじゃ酷くなるし。手のひらは厚いから平気なので、そーーとつまんで剥がした。幸いひどくは絡んでなかったからうまくとれたがリンパまで痛くなってきたらどうしようかと不安になった。でも大きなウネリに対する緊張の方がまさっていたのでそっちに出来るだけ集中して忘れることにしたら平気だった。良かった。
以前ウインドで足首に絡んだ時は足の付け根に痛みが来て車で数十分苦しんだ事もあったからな。




その後はドーナツ屋でトモくんとあれこれミーティング?
14072207.jpg
昨日もレース中サメを見た人が何人かいたみたいです。
雨で水が濁るとサメが危ないとハワイではよく聞きますね。



そしてハーバーで軽く50分ほど漕ぎました。
また雨が降ってきたりして変な天気です。


明日は風が戻りそう。ダウンウインド再開です。





サーフィン | 【2014-07-22(Tue) 15:09:52】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
まさかのストーム、でもレースはGO!
今朝ストームが通過。
激しい雨と雷。強風。
見事にレースの日にあたりましたね。
10時からレジスト12時ミーティングで13時レーススタートの予定でしたがそんな状況ではなかった。
木が倒れて道路が通行止になってたり停電になっているところもありました。

10時過ぎごろには静かになりはじめたけど、これでやるのだろうかと言う感じ。日本でならまず中止ですね。
しかしここはハワイ。11時半ごろ、予定より一時間遅れの午後2時レーススタート決定!

いそいでマリコへ。

写真はないのですが、マリコには小さな川があるのだけど大雨で増水。
小さい入江は真っ茶色。
入江の出口のウネリも大きい!

この時点で出場をやめた選手が多数。
オンショアだし波が危険そうだからと、楽しくないからですかね。


なんだかバタバタした大会進行でミーティングも終わり。
2時に湾内から一斉スタート。
100人ぐらいいたのだろうか。
小さい入江に押し込まれた感じで。スタートラインはブイで決めてあったが皆それより沖に流されながらグダグダとスタート。少し後方からスタートしたが海面も悪いし大変。

入江から出ると大きなウネリ。
アタマオーバーはあるウネリがもう少しで割れそうになりながら迫ってくる。
割れそうで割れないのだが波頭は崩れたり。けっこうビビる。

まだ雨が降っててストーミーな感じ。
遠くは霞んでいるのでいつもゴールの目印にしているウエストマウンテンの谷が見えないからどれくらい沖を漕いでいるのかわからない。かろうじて見える岸をみて判断するが距離感はいまいち。

リーフでは結構な波が割れているので出来るだけ沖を漕ぐ。
GPSの距離と岸の風景を頼りに漕いでいたがスプレックス当たりで前方少し岸よりに大きな波が割るのが見えた。
ノーススウェルが大きい時に沖で波が割るポイントなのだが、アタマオーバー、ダブル?ぐらいのウネリがボンボンきた。思っていたよりインサイドを漕いでいたのかと慌てて進路をもっと沖へ。今思えばこれが良くなかったのかな。
ただでさえオンショアになってきていたところを沖に向けたのでほぼサイドから風を受ける。
ゴールまであと2,3kmのところでやっとカフルイハーバーの長い堤防が見えてきたところでかなり沖に出過ぎていたと気づいた。ちょっとロスしたな。

でも実際そのスプレックスでアタマオーバーの波に巻かれてクチャクチャになっていた人が数人いたらしい。
リーシュ(流れどめのコード)が外れてかなり泳いだ人もいたとか。
と思えばその波に乗ってかなり距離を稼いだ人もいた。「あのデカい波に乗ったら30km/hでてたよ!」と興奮気味に話している選手もいた。

終始オンショア気味の風、ウネリもしっかりは乗れなかった。
結果総合33位かな?14ftクラスで8位と去年と変わらす。大会結果はこちら
今まで経験したことのないダウンウインドでした。普段ならやらないコンディション。ボードが折れている選手もいましたから。
とてもいい経験になりました。


14072102.jpg
ゴール会場。
時間が押しているのかバタバタと閉会式な感じでした。




家に帰ってからGPSを見ると
14072103.jpg
オンショアでインサイドに押され気味から、やはりスプレックス手前で大きく沖に出ていた。
もう少し突っ込んで良かったな。

いつもなら目標物が見えるし波も割れないのでほぼ真っ直ぐ。
14072104.jpg

レースは結果が全て。
悔しい結果ですが気持ちを切り替えてモロカイへ進みます。

大会 | 【2014-07-21(Mon) 16:09:15】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
五日目
今日は朝の波乗りは無しでレースボードを積んでハーバーへ

14072007.jpg
明日はマリコからここカフルイハーバーまでのレース。
その準備運動で軽くこいだ。

14072004.jpg
この2015Javelin14'0"LEはノーズロッカーが2014モデルよりない。
ノーズVがロッカーのかわりのような感じかな。
ここマウイのウネリのあるダウンウインドはノーズが刺さりやすいので結構難しい。
でもSUPマネージャーのMichiは「マウイのダウンは難しいけどモロカイは斜め横からの風とウネリを切っていくことになるからモロカイ2オアフのレースにはいいよ。」ということだった。
たしかにマリコの入江から横風を受けながら沖へ出る時やハーバーの中の横風に強い。ボードが横流れを止めてくれる。

14072001.jpg

風をよける堤防際でダッシュしてみた。

14072002.jpg

14072003.jpg

凄く水切れがいい。
GPSの計測でも瞬間ですが今まで出たことないスピードが出た。
速い!


明日レースなのでもちろん今日は軽く。
14072008.jpg
この時までは天気良かったが次第に曇り始め。

140720010.jpg
雨が降り続いてます。
日本の梅雨のような雰囲気。

こんな天気の時、風は吹いてません。
吹いててもオンショア。困った風向きです。
ストームが近づいているみたいで、明日のレースも今日よりは吹くとか吹かないとか。
ここ数年出ているこのマリコレースはいつも風が弱い。狙ったように。



そして来週のモロカイ島からオアフ島への横断レースもなんだか風が弱そうな予報らしい。
また無風の50キロ漕ぎか?勘弁してくれ!!


ハワイ | 【2014-07-20(Sun) 13:11:21】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
四日目
今日は完全休養!


のつもりでしたが、朝の波乗りだけ行ってしまいました。
昨日より少し小さくなってコシハラ。
今回もNAISHのマネージャーMichiの家に宿泊させてもらっている。今日はゆっくりのんびり波に乗りたかったので何か大きいSUPはないかとお願いしてガレージから出てきたのは
14071901.jpg
10’0”のロングボード。
幅25”ソフトトップのサーフボードだ。いろんなの作ってるな。

14071902.jpg

初日にNAISHオフィスへボードを取りに行ったとき、ジェリーロペスさんデザインのサーフボードがショートからロングまであったけど凄くかっこよかった!あれはいいなぁ。
まだ出来たばかりで乗ってない板だったので貸して欲しいとは言えないぐらい綺麗なボードだった。

新しいHokuaに関してもまだ借りれるものはなくて残念。
製品が入るのは日本のほうが早かったりする。
テストボードは色々並んでていつ訪れてもワクワクしてしまうオフィスだ。


14071903.jpg




その後はゆっくり。
休養はトレーニングと同じくらい重要というけど、波乗りしてしまったな。


久しぶりのホキーパをチェック
14071904.jpg
SUPのレース出る前はウインドするためにここへ通っていた。
ウインドサーフィンの聖地。完璧な場所。

今年はノースに波が無いですね。


ハワイ | 【2014-07-19(Sat) 16:01:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
本栖湖で開催されたNAISH LAKE MOTOSU PADDLE CHALLENGE 2014のリザルト&動画
本栖湖で開催されたNAISH LAKE MOTOSU PADDLE CHALLENGE 2014のリザルトと動画がNAISHのHPにアップされました!
是非ご覧ください!

NAISH LAKE MOTOSU PADDLE CHALLENGE 2014

大会 | 【2014-07-19(Sat) 03:54:49】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
三日目
今朝もサウスへ。
もう明るくなる時間はわかったので5時過ぎに着いた。
14071803.jpg
昨日より波があってたまにつながり気味のムネカタサイズ。

毎年波には恵まれず、ヒザモモとかだったからこんなにあるサウスは何年ぶり?
まあダウンウインドをしにきているのですが。

14071801.jpg
今回もウェイブのパドルはMakaniを借りている。

14071802.jpg
長さ調整に溝があるので回転してしまう事はないし、ガタつきもなし。


その後はダウンを16km×2。

今日はボードの立ち位置とグライド意識して抑え気味のダウンウインド。
疲労が抜けなそうだから明日は休みにするかな。

今日ダウンへ行く準備をしてたら濡れた床で足を滑らし、曲げちゃいけない方の膝が曲げちゃいけない方向にグニャッと曲った。かなりそうとう焦りました。やってしまったかと思った。微妙な違和感はあるが多分問題なし。
普段滑りそうな所は凄く気をつけているのだが、疲れと注意力だな。



ハワイ | 【2014-07-18(Fri) 16:00:05】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
二日目
今朝は4時に起きたが真っ暗。
サウスに波乗りに行った。
少しゆっくり出て5時頃サウスに着いたがその頃ようやく西の山裾がうっすら明るくなってきた。

サウザンピークスは風がブンブンふていたのでラウニポコまで。
コシハラのゆっくりと割るイイ波でした。
140716003.jpg

140716004.jpg
アッという間に多くのSUPが。ポイントブレイクでこの人数は厳しい。
長くやる気もなかったので2時間ほどで上がりました。

今回借りたボードは
140716001.jpg
2014Hokua7'6"LEx26”。
量産はしなかったので日本にも数本しかない。

クワットがいいらしい。

140716002.jpg

確かに日本でトライフィンで乗った時はルースすぎて波の中の加速も難しかったが、クワットなら踏み込めて加速するしターンのキレも良かった。
立って漕ぐときも後ろが安定しますね。これなら僕でもなんとか乗れます。
たしかボリュウムは74Lとかだったかな?
最近痩せて76kg位になったのも良かったか。


その後昼前からダウンウインド。
今度の日曜にあるレースのコースでもある、マリコからカフルイハーバーまで。
140717004.jpg

140717003.jpg

16km。
今日は風吹いてたけどそれほどいいコンデションではなく時間もマリコの湾内からハーバーのビーチまでで1時間26分。

新しいボードはノーズロッカーがないのでウネリが多少出てくるとパーリングさせないのが難しい。
かなり繊細な体重移動。
慣れれば絶対速いはず。

今日はダウン2本やったら滅茶苦茶疲れました。
ダウンは波乗りの連続だから速く漕ごうと思うと大変です。やはりフラット漕ぎとはまた違うな。
心拍数も最近になく上がりました。

モロカイ前にほんとは2週間前から漕ぎの強度もスローダウンさせていったほうがいいのだろうが、そんなこといってられないので明日も2本漕いでボードに慣れます!



ハワイ | 【2014-07-17(Thu) 15:26:27】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
マウイ初日
マウイに着きました。
いつもはマウイに着陸するとき強いトレードウインドでガタガタ揺れる飛行機が凄く静かに着いたので風が弱いのはすぐにわかった。
雲が多く、時々雨も。


まずはこれからの海の準備と、さっそくNAISHのオフィスへ行き、レースボードとウェイブボードを借りた。
時間が早かったのでトモくんに連絡をとったらダウンウインド送ってくれるというので着いた初日からダウンウインド。

スタート地点マリコの入江は時折強い雨。
140715001.jpg
今回用意してもらったボードは新しいJavelin14’0”LEx26でした。
風は弱いけど風向きはストレートダウン。
いつものゴール地点のカフルイハーバーはけっこうオンショアぽかったので、今日はスプレックスまでの10kmぐらいにした。新しいボードのポジションなどを確かめながら様子見の漕ぎで一時間ぐらい。

140715002.jpg
ノーズロッカーが抑えられているので小さなうねりにも乗せやすくなた。
ノーズが凄く厚いように見えたが乗ってみると全く気にならないし、ウネリからおりすぎてボトムに刺さってもグっとパドルで漕ぎあげればスっと浮いてくるので調子いい!
今日は風弱くウネリも小さかったので大きくステップバックすることは少なかったが、テイルロッカーはあるしテイル厚が薄いのでグライドした時の操作もよさそう。
明日からの練習でポジションをつかまないとだな。
 

ハワイ | 【2014-07-16(Wed) 15:06:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
行ってきます!
まずはセントレアから成田に飛んできました。
途中ウチの上空を通過

御前崎上空は飛行機の通り道。
天気のいい日に空を見上げればだいたい飛行機が飛んでる。

空から見ればやはり突端ですね。
ここの外海(写真上が南側、遠州灘)と内海(写真下側、駿河湾)でいつも入ってます。
東風以外はどっちかがオフよりのコンディションになる。ほんといい所だな。


さて、これからマウイへ行ってきます。
飛行機はいつも寝れないから映画を見続ける事になるな。


未分類 | 【2014-07-15(Tue) 17:50:56】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
出発準備
出発準備前に早朝軽く漕ぎ。

天気良く、穏やか。
朝から暑い!


今回もボードは向こうで借りれるのだがフィンとパドルを忘れないようにしないと。

未分類 | 【2014-07-15(Tue) 06:19:58】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
さあ
明日マウイへ。


またギリギリになって色々準備。
なんだかバタバタとしてて頭がボーっとしたままいつもマウイへ行くから何か忘れ物ありそうで心配になる。


夕方はいつもの内海へ。

最近夕方よくお会いする福島さんをお誘いして漕ぎ練。
とてもいいトレーニングになりました。

数年前まではウインドのクロストレーニング的にやっていたSUP。
ダウンウインドは楽しくてよくやってたけど、こんなにフラットで漕ぐようになるとは思わなかった。
ここ最近ダウンウインドはあまり出来なかったが、今までになく漕いできたので(今までが漕がなすぎだったか)マウイではどうなるでしょうか?
楽しみです!

SUP | 【2014-07-14(Mon) 22:43:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
波は

御前崎外海
波は割れなくなりましたね。
潮が引けばコシくらいにはなりそうなウネリはある。

未分類 | 【2014-07-13(Sun) 05:45:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ