プロフィール

永松良章

Author:永松良章
静岡県牧之原市在住プロウインドサーファーとして活動中
他にもカイト、SUP、サーフィン、SUP Fishingなど、いかに目の前の海で楽しめるか日々精進しています。
スポンサーNAISH
     O'NEILL
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
台切り
まだまだ続くお茶のお仕事。

今は「台切り」作業。

年間3~4回あるお茶の収穫。
その回毎に数センチ上を刈って行くので木は年々大きくなる。大きくなり過ぎると刈りにくくなるので4~5年に一度写真のように低く刈り落とす。
枝を切って土に挿せば根が生えて立派な木になるほど生命力の強いお茶の木。
この枝だけになった木も8月頃にはまた収穫できるほど葉が茂ってきます。

台切りした木は来月の2番茶は収穫できないので切る畑は全体の何割かだけ。それでもまだまだあります…。



場所によっては機械が傾くと鳴る警報音が鳴りっぱなしの畑も!

茶畑は斜面の畑多いですからね。


未分類 | 【2015-05-07(Thu) 10:18:40】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する