プロフィール

永松良章

Author:永松良章
静岡県牧之原市在住プロウインドサーファーとして活動中
他にもカイト、SUP、サーフィン、SUP Fishingなど、いかに目の前の海で楽しめるか日々精進しています。
スポンサーNAISH
     O'NEILL
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
奇跡的
先日の江の島から大島へのSUP横断チャレンジ。の、釣りのお話し。

横断チャレンジは江の島の湾内からスタート。

北風のオフショア。
しばらくは海面も穏やかだろうと竿を持って出る。
湾から離れたところからSUPフィッシング。

江の島から10km地点付近。
進路方向に鳥山が。

ダウンウインドしながら近づいていくと。
なんとそこらじゅうでマグロのナブラ!!
supf02.jpg
Photo by C.Arakawa

ヒレが見えますでしょうか?
時折体全体が飛び出るほど激しいジャンプをしているデカいマグロも!!
両手を広げてもまだ大きいぐらいに見える。
右に左に嘘みたいなナブラでもう笑うしかない。

とても僕の道具では上げることができない大きさ。

休憩時間にナブラはないが近場でキャストしていると何かがヒット!
すぐにピヨーンとジャンプしてシイラだとわかった。
5、60cmくらいか。擦れがかりだったので手元まで来てバラシ。

その後は激しいマグロの群れから外れたのか少し穏やかに。
もうダメかな?シイラが釣れたからいいかと思っていたら20mほど離れて漕いでいたKudoさんが「ウオッ!マグロだ!」と。
なんとマグロがボードにぶつかりそうになったらしい。
そちらを見ると漕いでいる数人の真ん中にマグロがボコボコとナブラ状態。
海面から飛び出すマグロを見ると釣れそうなサイズ。
ダメもとでキャスト。
そうしたら、2投目でヒット!!

そこからギュギューーーー!!と一気に走る走る!!
何十メートルラインが出たか。

supf03.jpg
Photo by C.Arakawa
マグロの突っ込みに耐えているところ。
竿とリールは秋の御前崎での大物狙い用に新しく買ったもの。
でもこんな引きは想定してなかった。


走りが止まったところでポンピング。
巻いては出されを繰り返す。

しかし大島横断中。
あまりみんなを待たせるわけにもいかないのでバラしてもいいからとグイっグイっ強引にポンピング巻きまくる。
ラインが切れるか、それよりフックがもたないだろうと思ったけど、釣り番組状態で強引に巻きまくった。

supf04.jpg
Photo by C.Arakawa
みんなが応援してくれた。

時間をかけられないのでリールのドラグはかなりきつく!それでもズルズルとラインが出ていく。
リールが壊れそう。


幾度かの突っ込みに耐え、しだいにリーダーが見えてきて、銀色の魚体が!

何とかマグロが水面から顔を出したが、また突っ込み!ラインを出される

その間に伴走船からタモを持ってきてくれて真横で準備してくれて

もう一度水面まで上がってきたところでカズヤ君のタモ入れ!
supf01 (1)
Photo by C.Arakawa

マグロを釣り上げました!!!

いやあ、とても嬉しかった!
タモに入る直前までダメだろうと思ってた。
最近でもこんなに興奮したことはなかったな。


上がったマグロを見るとルアーをスッポリ飲み込んでいた。それで小さなフックが伸びることがなかったのか。
PEは2.5号、リーダーは35lb。強引なやり取りでよくリーダーが切れなかった。意外とマグロの口はザラザラ。
道糸のPEとリーダーを結ぶノットも5cmほど巻いていたのがズレて1cmほどに・・・。よく抜けなかったな。
ファイトタイムは5分か10分くらいかな。ほんと奇跡的。


あまり余韻に浸っているのも申し訳ないので、自分では写真もとらず魚と竿を船にあずけました。



その後はナブラを見ることはなく。あれが最後のチャンスだったんだな。


警戒心の強いマグロがあんな近くで出ることも滅多にないと伴走船の船長がおっしゃっていた。SUPは船よりも魚にプレッシャーを与えないのだろう。
それと、、、船からのマグロ釣りではマグロが水面近くまで来たときに下からバコッ!とデカいサメがくわえて持ってかれることがよくある、らしい・・・。コワっ。
みんなが周りにいてくれたのがよかったのかな。あそこでサメ出たらシャレにならない。



横断チャレンジをおえ、マグロを持って帰る入れ物がないだろうと船長が古いから捨ててもいいよと大きなクーラーボックスをくれた。
その中に氷までいくつも入れていただいて、本当に助かりました。でいとう丸北村船長ありがとうございます!!


御前崎に戻り翌朝マグロの計量。
P9150408.jpg
90cm。
12kg。
10kg越えでした!
丸々太ったキハダマグロ!



子供たちも大喜び!
P9150407.jpg
刺身ではマグロが一番好きな次男坊のテンションも朝から高い。

いつも大物は釣ったら満足で食べることはそれほど執着無いのだが、この子供が喜ぶ顔が見たくて持ち帰る感じ。良かった!




岸からは一人で行ける距離ではないし、そんなナブラにあたる幸運も滅多にない。
そしてみんなのサポートがなければ上げれなかった。
貴重な時間を使ってサポートしていただいた皆様に感謝です。






SUP | 【2015-09-16(Wed) 20:46:27】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント

ご飯茶碗片手に待っているんですけど~( ;∀;)
2015-09-16 水 23:48:09 | URL | わ(嫁) #- [ 編集]
すでにもらわれていきました~~すいません!
2015-09-17 木 06:25:23 | URL | 永松良章 #- [ 編集]
すごいですね!!SUPでマグロ(*⌒▽⌒*)
SUPフィッシャーマンの夢です(^^)
しかもそのタックルでマグロ!!
適度に引っ張られるSUPの自然のドラグが良かったんですかね?
うらやましいかぎりです!!
2015-09-17 木 09:21:18 | URL | G #- [ 編集]
Gさん、返信遅れて申し訳ありません!
僕もまさかマグロが釣れるとは思いませんでした。ラッキーとしか言いようがありません!
自然ドラグはいつも感じてます!
2015-10-16 金 07:09:45 | URL | 永松良章 #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する