プロフィール

永松良章

Author:永松良章
静岡県牧之原市在住プロウインドサーファーとして活動中
他にもカイト、SUP、サーフィン、SUP Fishingなど、いかに目の前の海で楽しめるか日々精進しています。
スポンサーNAISH
     O'NEILL
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
あれれ

朝は波小さいと聞いてたが昼にチェックするとサイズアップ。
でもヨレヨレポヨポヨな海面

波乗りしましたが、無風なのにオンショアの様なとらえどころのないムネくらいの波。

最後は波待ちでヨタヨタした海面で船酔い気味で上がりました。
明日は西風予報です。波残ってくれるかな?

サーフィン | 【2015-12-24(Thu) 16:24:43】 | Trackback:(0) | Comments:(5)
コメント

永松さん、はじめまして。

前十字靭帯再建術とウインドサーフィンでこちらのブログにたどり着きました。

私も再建術をして1年1ヶ月が経ち、そろそろウインドサーフィン復帰しようと思うのですが、再断裂がとても心配でどこまで出来るのかとても不安です。
永松さんは左膝なので私と逆ですが、ウインドする際に今も制限されてること、技などはございますでしょうか? 

他の方よりセイルに頼らずレイルとボトムを上手く使う力強い永松さんのライディングにとても憧れます。

初コメントで長々と失礼しましたが、またいつでも構いませんのでお時間のある時にお教えて頂ければ幸いです。

大好きなウインドが長くできなかったのでモチベーション下がり更新滞っていますが私のブログです
http://wind.ap.teacup.com/4173/
2015-12-24 木 21:48:55 | URL | konsan #- [ 編集]
Konsanさんコメントありがとうございます。
僕は前十字靭帯の断裂と軟骨も欠けて移植したので靱帯だけの場合より復帰に時間かかりました。
基本的に無理はしないほうなので先生の言う通りにリハビリ、復帰していきました。
最初に始めたのはSUPからですね。フラットの漕ぎのみですが。膝をねじらないようにそーと漕いでました。
海を始めたのは術後1年ぐらいからでしょうか。
私にとっては長くやってきたということもあり膝に一番負担のかからないのはウインドです。
また後程書かせて頂きます!


2015-12-25 金 06:20:40 | URL | 永松良章 #- [ 編集]

永松さん、こんばんは。

お忙しい中、早々に返信していただき誠にありがとうございます。

膝に一番負担がかからないのがウインドと聞いて少し安心できました。
それでもジャンプ系やストラップ入ったまま波に巻かれたりなど不安要素が多々あるので少しづつ無理をせず克服していけたらなと思います。
2015-12-25 金 22:43:21 | URL | konsan #- [ 編集]

久しぶりに自分の過去のブログを見返しました。SUP復帰は術後3か月ぐらいでした。http://yoshij23.blog33.fc2.com/blog-entry-644.html。それはそれは長く我慢した記憶があったのですが3か月。
でもリハビリトレーニングは2,3年以上。5年目の今でも必要性を感じています。

ウインドを再開したのは半年ぐらい。慎重に再開してます。http://yoshij23.blog33.fc2.com/blog-entry-711.html
絶対にストラップが入ったまま巻かれない、アクシデントを起こさない自信が出来るまで主治医の先生からウインドしてもいいよと言われてもやらなかった記憶はあります。恐怖心があるうちは体も固くなります。

上半身のリードからターンするサーフィンやSUPはターンの時膝が捻じれるので波乗りはしばらく痛みがありました。
特にサーフィンのバックサイドは膝が捻じれるので2年ぐらいは痛みが出てやりたくない感じでした。

セイルがあるウインドはそれほど捻らなくてもターンできるのでやりやすかったです。
現在でもやらない技はあります。ジャンプではフォワード、プッシュループなど。
着水でフラットに降りる可能性が高いもの衝撃の強めなもの。
バックループは受傷前にアホみたいに練習しまくっていたので膝が曲がったまま負担の少ない着水が出来る自信がありました。
波乗りエアーではゴイダー系などは一発で膝壊すイメージしかなかったので昨年までやりませんでした、今でもちょっと無理があります。

ストラップは今でもブカブカにしてます。すぐに抜けるようにです。



あくまで僕の復帰ペースです。
前十字を断裂してもっとリハビリをしっかりしてもっと早く激しいパホーマンスをしているスポーツ選手はいっぱいいると思います。

僕はウインドを知っている主治医のもと、自分の生活リズムでウインドなどその動きに合わせたリハビリトレーニングを教えて頂いた事がとても大きかったです。
2015-12-26 土 06:07:52 | URL | 永松良章 #- [ 編集]

永松さん、こんばんは。

やはりフォワードは危ないのですね。
唯一フォワードは出来てましたが、バックループは未だノーメイク状態でした。
やはりきちんと自信があり、コントロールできているもの以外は危険が伴いそうですね。

できなくなってしまった技や本来ならもっともっといけるはずでもセーブしないといけないとこはあると思いますが、それでも復帰後の永松さんのパフォーマンスは圧巻です。
レベルの違いはありすぎですが、私も「頑張ろう!!」って気持ちが凄く湧いてきます。


私も腕の良い主治医の元で手術を受けたのですが、メジャーなスポーツでのリハビリはきめ細かくなされてましたが、ウインドやサーフィンはあまり熟知した理学療法士の方が在籍していなく、いざ復帰を目前に不安要素ありすぎで途方にくれていました。

多忙な日々の中、貴重なお時間を頂きいろいろ教えていただき大変参考になりました。
永松様のこれからのますますのご活躍を心から祈っております。

この度は誠にありがとうございました。













2015-12-26 土 19:28:13 | URL | konsan #- [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する