プロフィール

永松良章

Author:永松良章
静岡県牧之原市在住プロウインドサーファーとして活動中
他にもカイト、SUP、サーフィン、SUP Fishingなど、いかに目の前の海で楽しめるか日々精進しています。
スポンサーNAISH
     O'NEILL
      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
NAISH FOIL 「THRUST」
NAISHの新しいフォイル「THRUST」

手前が現在リリースされているMALOLO同じ型のSUP、サーフモデルで奥が新しいデザインのウインド用フォイル。あとカイト用も新しくリリースされます。


従来からのSUPサーフ用フォイルと違いウインド用は前ウイングがVになってます。このVとバッグウイングの垂直尾翼がとてもいい仕事をしてくれます。
SUPサーフ用ウインド用ともにバッグウイングの角度調整が出来る様になりました。これが1mm変えただけで乗り味がガラリと変わったので面白い。


ウインド用フォイル

飛ぶための浮力の原動力となる前ウイングがVになっていてボードが傾いても片方のウイングが反発し水平に戻そうとしてくれる。飛行機の主翼と同じ。
SUPやサーフィンより体がボードの外側に出るウインドの場合ボードを踏み込んだ時従来のフォイルだとテイルが流れやすかったが垂直尾翼のおかげでグリップ力が増した。なので微風でのパンピングとキックジャンプでボードを浮かす走り出しの作業がとてもやりやすくスムーズになりました。これはとても大きな違い。

NAISHのコンセプトとしてはフリーライド。今持っているウェイブセイルの5.7㎡とか5.3㎡とかを使い夏のサーマルでも遊べるようなフォイル。ハイアスのウイングがペラペラで細いスピード系のフォイルは前後左右のバランス取りがシビアだったりするがNAISHはそこを目指してはいないと最近日本に来ていたNAISHのマネジャーMichiも言っていた。乗りやすく幅広い人が楽しめる。フリーライドフォイル。そこがやっぱりNAISHは素晴らしいと、使わせてもらっていて良かったと思う。
夏の間眠っていたセイルが活きてくるかもしれませんよ!

普段ウインドで少し下に落としながらパンピングしてプレーニングが出来るような方なら数十分で浮ける様になるでしょう。実際千葉でも初めての方が何人も飛んでました。
SUPフォイルは人のいない乗りやすい波を探すのが大変だったりするかもしれませんがウインドなら大丈夫。

フォイルの違いなどについてはまたアップしていきます!






Malolo(フォイルボード) | 【2017-07-10(Mon) 05:45:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する